BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車専用ライト「RAVEMEN(レイブメン)」日本再上陸! キャンペーンも実施

バイク・フォワードが、ロードバイクやマウンテンバイクといったスポーツ自転車専用のライトブランド「RAVEMEN(レイブメン)」の取り扱いをスタートした。以下、プレスリリースより。

RAVEMENとは?

RAVEMENとは、世界で最初に自転車専用のHi/Loライトを考え出したメーカーです。

「市場にはとても明るいLEDライトが普及しています。ところが、アンチグレア機能を有する製品はほとんどありません。これはとても危ないことです。対向車(者)を不快にさせるだけでなく、大きな事故のリスクも伴います。自動車には長年この対策がほどこされたライトが使用されてきました。そこで、私たちはこの機能を自転車に応用すべく研究開発を行い、失敗を繰り返しながらも、ついに製品化することができました。こうして世界で最初の自転車専用Hi/Loライトが誕生することになりました。

高品質で耐久性のある素材にイノベーティブなデザインを融合させ、他者の安全にも気を配り(これは私たちの製品作りの根底にある大切なアイデンティティーです)、信頼性があり使いやすい製品を生み出すだすことは元より、ユーザーが他者から信頼され尊敬されるようになることが私たちが
製品に込めた願いです。」(国内サポートセンター担当者)

RAVEMENはおよそ2年前に日本市場から一度撤退しました。しかし、amazon、楽天市場等での販売は継続し、日本市場の動向を観察し続けました。その結果、ライバルとなる企業との共存や将来的な売上の伸びも期待できると判断し再上陸の計画が具体化しました。2019年末にはすでに初回ロットが国内に到着しており、クリテリウムやシクロクロスのレース会場にてテスト販売が開始されています。対面販売でも良好な反応を頂けたことから、本格的な再上陸が決まりました。

スタイルに合わせて自由な組み合わせを提案

ご自身のスタイルにあわせて様々なバリエーションを自由に組み合わせることができます。RAVEMENの製品コンセプトにはデザイン面と機能面で様々なバリエーションがあり、前後の組み合わせを工夫するだけで自由なスタイルを作ることができます。

重厚感溢れるこだわりのコンパクトボディ

RAVEMEN製品の筐体には高剛性のアルミ押し出し材を贅沢に使用しています。樹脂製(プラスチック)筐体と比べを薄く作ることができます。その厚みの差はわずかであっても、金属のフラットでスムーズな表面とあいまって一回りコンパクトでスタイリッシュな高級感をユーザーは手にすることができます。その上、熱に強く耐久性に優れる等といったメリットはスマートフォンと同じです。

対向者に眩しい思いをさせない

近年、明るいライトが増えてきました。ところが、アンチグレア機能を有する製品はほとんどありません。これはとても危険なことです。対向車(者)に不快な思いをさせるだけでなく、大きな事故のリスクも伴います。RAVEMENではこの問題解決に取り組み、アンチグレア・レンズを開発し製品化しました。

ラインナップ

フロントライトのハイエンドは、全部入りの1600ルーメン

フロントライトは、あらゆる機能を備えたPR1600がハイエンドです。ハイエンドから一部機能を控えることで様々な価格帯のを製品がラインナップされています。

テールライトのハイエンドは300ルーメン

300ルーメンという強力な明るさで日中の安全なライドにも適しています。
下位モデルには、明るさを控え目にコストも抑えたモデルが2機種、独特な配光方式で360°Cの視認性を有する1モデルがラインナップされています。

お得なセット品も

前後同時に買い揃える際にお得なセット品も用意されています。500ルーメンの2機種(CR500、LR500S)のいずれかと、18gという軽量性が特徴のリアライトTR20のセットです。因みに、RAVEMENの500ルーメンのライトは、海外メディアで総合評価8/10を得るなど、「光の強さだけがライトの明るさを示すわけではないことを証明する製品」として高い評価を得ています。

店頭店舗

関東 : グランディヴェル(東京・千駄ヶ谷)
関西 : バイク・フォワード(京都・祇園)

オンライン

amazon.co.jp
https://ravemenjapan.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load