BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「タイム」がWhaTTfornow 社に移行し、来期Jプロツアーで走るマトリックスパワータグをサポート

フランスのバイクブランド「タイム」のブランドホルダーが、ロシニョール社からWhaTTfornow 社に移行する。また、これを受けて日本ではJプロツアーで走るチーム・マトリックスパワータグへ来期からフレーム供給を開始することを発表した。(以下リリースより)

タイムブランドがロシニョール社からWhaTTfornow 社に移行

タイムの新しい1 章がはじまります。
自転車フレームとペダルの全事業を、夏までに、ロシニョール社からWhaTTfornow社に移行します。1986 年に故ロラン・カタンが創業した真のイノベーションとテクノロジーを核心にもつタイムはフランス・ルミリーの旧サロモンスキー工場を新しいアドベンチャーのベースキャンプと定めます。プロジェクトはこれまで通り、すべてフランスで行なわれます。
スタッフや製造拠点に変更はありません。製品供給にも一切の途切れはありません。
すでに次世代のフレーム開発にも取りかかっています。ルミリーの拠点には新たなRTM製造設備を導入し、さらなる技術革新を遂げます。
さらに日本市場では、この新たな旅立ちを記念して、来季からチーム・マトリックスパワータグへのフレーム供給を開始します。タイムの次のステップにご期待ください。

タイムチーム全員を代表して
フランソワ・ゲルス
タイム社CEO

チームマトリックスパワータグがタイムで走る

正直このようなメジャーなブランドが我々に供給してもらえるのは無理だと考えておりました。しかしながらそれらが現実化していき、そしてそれが日本での初サポートが当チームであるということへ驚きとともに喜び、それにプレッシャーも感じています。
今は、この新しい強力なチームメイトと走れるということのわくわく感と楽しみでいっぱいです。
タイム社が当チームへサポートしてくれるということへの期待に応えたいです。

マトリックス パワータグ 監督
安原 昌弘

個人的に乗りたかったバイク(吉田隼人)

今年は新型コロナウイルスの影響で世界的に大変なシーズンとなりました。
正直なところ、選手はモチベーション維持も難しい時もありました。そんなで来季のバイクが決まり、本来私たち選手がみなさんに元気を与えなければならない中、タイム社に大きな強いモチベーションを頂いたと考えております。
僕個人的にはずっと乗りたかったバイクですので、楽しみで仕方がありません。

マトリックス パワータグ
吉田 隼人

 

問い合わせ先: ポディウム
https://www.podium.co.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load