BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スペイン一周自転車レース「ブエルタ・ア・エスパーニャ2020」全18ステージ正式決定!

6月12日に2020年のブエルタ・エスパーニャのコースが正式に発表された。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、予定されていたオランダとポルトガルのステージが省略された今年のブエルタは、全18ステージで争われることになる。

今回、新たに今年のコースに加えられた第15及び第16ステージの分析をスペイン在住の對馬由佳理がレポートする。

ブエルタ・エスパーニャ2020
全18ステージのスタート・ゴール一覧

6月12日に発表された2020年のブエルタ・エスパーニャのコースは、当初予定されていたオランダとポルトガルのスタート・ゴールを除いた、全18ステージとなりました。各ステージのスタート及びゴール地点は次のとおりです。

ブエルタ・エスパーニャ2020の各18ステージ

日付 ステージ スタート/ゴール
10/20 1 イルン/アラッテ・エイバル(169.5km)
21 2 パンプローナ/レクンベリ(151km)
22 3 ロドーサ/ラ・ラグーナ・ネグラ・デ・ビヌエサ(163.8km)
23 4 ガライ・ヌマンシア/エへ・デ・ロス・カバリェロス (190km)
24 5 ウエスカ /サビニャニゴ(190km)
25 6 ビエスカ /コル・デ・ツルマレー(135.6km)
26 休養日
27 7 ビトリア・ガステイス /ビリャヌエバ・デ・バルデゴビア(160.4km)
28 8 ログローニョ/アルト・デ・モンカルビーリョ(164.5km)
29 9 B.M.シッド・カンポアモール・カスティーリョ・デル・バル/アギラール・デル・カンポー (163.6km)
30 10 カストロ・ウルディアレス/スアンセス(187.4km)
31 11 ビリャビシオサ/アルト・デ・ラ・パラポナ・ラゴス・デ・ソミエド(170.2km)
11/1 12 ラ・ポラ・リャビアナ/アルト・デ・アングリル(109.2km)
2 休養日
  3 13 ムロス/ミラドール・デ・エーザロ・ドゥンブリア(33.5km・個人タイムトライアル)
4 14 ルーゴ/オーレンセ(205.8km)
5 15 モス/    プエブラ・デ・サナブリア  (234km)
6 16 サラマンカ/シウダード・ロドリゴ(162km)
7 17 セケーロス/アルト・デ・ラ・コバディーリャ(175.8km)
8 18 イポドロモ・デ・サルスエラ/マドリード(125.4km)

https://www.lavuelta.es/es/ より筆者翻訳

ガリシアでの3日間で表彰台が決まる可能性も

ポルトガル国内を通るルートが変更された結果、今年のブエルタの第15ステージはガリシア地方のモスからスタートし、カスティーリャ・イ・レオン地方のプエブラ・デ・サナブリアがゴールとなる距離234㎞のコースに変更されました。

そして、このコース変更により、第3週目の前半の舞台となるガリシア地方のコースが大きく注目されています。

ガリシア地方のステージは第13ステージから第15ステージの3日間。そこに個人タイムトライアルと200km以上のラインレースが2日間続きます。

13~15ステージ、ガリシアの地元チーム監督に聞く勝負所

エンリケ・サルゲイロ監督  Photo by Yukari TSUSHIMA

この地域を本拠地とするUCIコンチネンタルチームの「ジオス・キューイ・アトランティコ」の監督で、かつてプロサイクリストとして活躍したエンリケ・サルゲイロ氏にこのガリシアでの3ステージについて、詳しく解説を聞いた。

第13ステージはタイムトライアル

「第13ステージの個人タイムトライアルは、ムロスからスタートして、ミラドール・デ・エーザロ・ドゥンブリアまでの33kmほど。このコースの前半は何の変哲もない平坦なルートですが、最後のミラドール・デ・エーザロ・ドゥンブリアの上りはかなりの難所です。プロでもここをタイムトライアル用の自転車では登ることは難しいと思うので、選手たちは最後の登りの直前で自転車を通常のレース用のものに交換することになるでしょう。そうなるとこの日のコースは、タイムトライアルのスペシャリストよりも、上りに強い選手たちに有利に働くでしょうね。そしてこのステージの結果で、総合優勝候補が明らかになると思います」

第14ステージは平穏なコースになるはずだが……

「第14ステージはルーゴからオーレンセに向かう205.8kmのコースです。もしも当初の予定通り夏にブエルタが開催されていたら、このコースは気温が高くなるので選手たちにとっては非常に苦しいステージになったかと思います。でも、11月なら雨さえ降らなければ問題なく終わるステージになるでしょう。ただ、翌日にハードなステージが控えてますから、総合優勝を狙う選手を抱えるチームにとっては、神経質なレースになる可能性があります」

第15ステージは小刻みなアップダウンが続くハードコース

「そして第15ステージは、モスからプエブラ・デ・サナブリア までの234km。じつはこの日のコースには、平坦な道がほとんどありません。3km上ったら すぐ3km下って、その後5km上った直後に4km下って、次にまた6km上って、下って……ということの繰り返しです。スタートからゴールまでアップダウンが続くので、ブエルタを走るようなトップレベルのサイクリストにとっても、非常に厳しいステージになるでしょう。ただ、このあたりは風が安定している地域なので、風の方向が急に変わることはほとんどありません。その点は選手にとって救いになるかもしれませんね」

あとは11月ならではの暑さではなく、雨との戦いも注意

「ここ数年間の11月上旬のガリシア地方の気候は、比較的安定していて太陽が顔を出す日が多いです。でも、基本的にこのあたりは冬に雨が降る地域ですので、ブエルタの最中に雨が降る可能性も十分にあります」

コースの変更により一気に難易度が増したガリシア地方の3ステージに、どうぞご注目ください。

油断できない山岳ステージとなった第16ステージ

2018年のブエルタ・エスパーニャでもサラマンカがスタート地点に。Photo by Yukari TSUSHIMA

第16ステージはサラマンカをスタートし、シウダード・ロドリゴをゴールとする162kmのコースに変更されました。翌日には、ラ・コバディーリャの登りゴールが控えているため注目されにくいステージですが、第16ステージにも2級山岳と1級山岳が1ヶ所ずつあります。

この第16ステージについて、コフィディス所属で今年のブエルタに出走予定のフェルナンド・バルセロ選手は、次のように分析します。

「率直に言って、この日はかなり危険なステージです。総合優勝の可能性のある選手を抱えているチームは、この日の逃げ集団に選手を確実に送り込みたいと考えるでしょうね。また、比較的長い距離の下りが3ヶ所あるため、少しでもタイム差を広げておきたい選手や、逆にタイム差を縮めておきたい選手はこの下りを十分に利用したいところです。」

「第15ステージはとにかく距離が長くて、第17ステージはラ・コバディーリャの上りゴール。その谷間にあるこの第16ステージが、総合優勝争いの最後の直接対決になると思います。終始緊迫したレース展開になるのは間違いないでしょう。」

異例尽くしのブエルタ・エスパーニャ2020を制するのは誰か

新型コロナウイルスの観戦拡大防止のために、11月に開催されることになった今年のブエルタ・エスパーニャ。そのコースは例年以上にハードなものになりそうです。

そして、今年の11月最初の日曜日にマドリードの表彰台の中央に立つ優勝者は、記録にも、そして人々の記憶にも残る、ブエルタの総合優勝者となることでしょう。

著者紹介

對馬由佳理
スペイン在住。当地で10年以上ファンとして自転車レースを追いかけた後、ジャーナリストへ転向。スペインで開催される男子のレースはもちろん、女子のレースやパラサイクリングも取材経験あり。
Twitter: @TsushimaYukari
Instagram:yukaritsushima1

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load