BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界基準のエンデューロ向けロングトラベルフォークがロックショックスから登場

マウンテンバイクの走りを支配するフロントサスペンション。そのパイオニアともいえるロックショックスから、ハードな下りのダウンヒルコースや、ワールドエンデューロシリーズに対応するために開発された新設計の高剛性フォークが登場した。その特徴は最近トレンドとなっているe-MTBにも対応していることだ。

MTBサスペンションのパイオニア「ロックショックス」から、
グラビティー系の超高剛性シングルクラウンフォークが発表!

インナーチューブはダウンヒルモデルよりも太い38mmチューブを採用し、従来からエンデューロモデルとしてラインナップしている「LYLIC」よりもねじれ剛性を21%アップし、正確なハンドリングと安定したライディングが可能なフォークだ。

このモデルの特長は、単純にストロークを延長し、高剛性化しただけではない。最新モデルで定評を築いているダンパー機構に加え、「SKFワイパー」シール、「Maxima Plush」フルードによって、摩擦を低減し、よりスムースな動きも実現。ダウンヒルフォークの「BOXXER」よりも大幅に重量を軽減させており、最長で190mmストロークが選択できるので、ダウンヒルバイクへの装着も視野に入るのだ。

対応するディスクローター径も最小で200mmの設計で、ハイスピードの下りでも十分なストッピングパワーと、耐フェード性によって、ハードブレーキング時の安定感も向上させたことで、安心してハイスピード走行が可能となっている。さらにZEDの全モデルは重量のあるe-BIKEにも対応可能という。

ライダーの要求に合わせた3種のモデルを用意

どのモデルも軽量で高性能なエアスプリング機構の「デボネア」を採用しており、インナー、アウター素材などにも差がなく、大きな違いはダンパーの性能となる。

最高峰の「ZED ULTIMATE」は、チャージャー2.1 RC2ダンパーを採用。リバウンド、高速コンプレッション、低速コンプレッションを独立してセッティングできるので、コースやライディングスタイルに合わせた、より細かなセッティングが可能。
セカンドモデルとなる「ZED SELECT」はチャージャーRCダンパーを採用し、リバウンド、コンプレッションの調整機能が可能。
ベーシックな「ZED」はチャージャーRダンパーでリバウンドのみの調整機能となる。
各モデルとも、ストローク量、ホイールサイズなどによって、バリエーションを揃えているので、装着するバイク、乗り方によってベストなモデルを選ぶことができる。

この3種類に迷ったとしても、ハイエンドのULTIMATEに使用されるチャージャー2.1ダンパーへのアップグレードキットが用意されているのが嬉しい。やや割高になってしまうがこのキットを装着すれば、ULTIMATEのダンパー性能を味わうことができる。このキットによって、ライダー自身のレベルアップと共に、リーズナブルにフォークの仕様変更ができる。

エンデューロモデルの新型フォークというだけではなく、シングルクラウンでのダウンヒルレースも可能とした意欲作といえ、国内のダウンヒルレースであれば、コースによっては軽量による優位性さえ期待できるフォークといえるのだ。

 

ZEB ULTIMATE

高度なセッティングが可能で、シリアスレーサーにも最適なハイエンドモデル

価格:14万円(税抜)
■ホイールサイズ:27.5、29″ ■トラベル量:160、170、180、190mm
■アクスル:15×110mmブースト ■コラム:テーパー
■ダンパー:チャージャー2.1 RC2 ■オフセット:38/44mm(27.5)、44mm(29)
■ローター径:最小200mm、最大220mm ■カラー:BLACK、GRAY

 

ZEB SERECT

ハイエンドモデルに迫る高品位ダンパーを採用したバリューモデル

価格:11万2000円(税抜)
■ホイールサイズ:27.5、29″ ■トラベル量:160、170、180、190mm
■アクスル:15×110mmブースト ■コラム:テーパー
■ダンパー:チャージャー RC ■オフセット:38/44mm(27.5)、44mm(27.5、29)
■ローター径:最小200mm、最大220mm ■カラー:DIFF BLACK

 

ZEB

ストローク変更可能なDPAモデルもラインナップし、汎用性に優れたベーシックモデル

価格:9万6000円(税抜)、11万2000円(DPA/税抜)
■ホイールサイズ:27.5、29″ ■トラベル量:160、170、180mm、DPA(180/150mm)
■アクスル:15×110mmブースト ■コラム:テーパー
■ダンパー:チャージャー R ■オフセット:44mm
■ローター径:最小200mm、最大220mm ■カラー:BLACK

マッド時にも便利な専用フェンダーを用意!

ブレーズ裏に専用のフェンダーマウント(フェンダーは別売)を設け、雨天やマッドコンディションでも視界を確保し、ライディングに集中することができる。

激しいトレイルでも臆することなく走破できるストローク量と剛性、ダンパー性能が与えられている

入荷は2020年9月予定

ロックショックスの問い合わせ:ダートフリーク
www.dirtfreak.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load