BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BROMPTON ×リバティ|花柄が印象的なコラボレーションバッグが9月上旬に登場

「BROMPTON ×リバティ」コラボレーションバッグが、9月上旬より発売される。ラインナップは、日常使いに最適なトートバッグ、バスケットバッグ、ポーチの3種類。明るめの紺をベースカラーとしたフラワープリントは、どんなカラーのブロンプトンにも合わせやすいデザインだ。以下、プレスリリースより。

クラシカルなデザイン「Thorpe(ソープ)」を採用

このコレクションで選ばれたリバティのプリントは「Thorpe(ソープ)」と呼ばれています。小さな花を寄せ集めた1930年代のリバティのクラシックプリントは、オーストラリアのアーティスト John Hall Thorpe(ジョン・ホール・ソープ)のペイントからインスパイアーされ、1979年にリバティ最初のクラシックコレクションとして脚光を浴びたオリジナルデザインのひとつです。
リバティの生地は伝統的に軽量のコットンやシルクを使用していますが、ブロンプトンのラゲッジに合うように、イタリアの工場と連携を取りながら、裏地に撥水性を持たせるためにPUコーティングを施し、表面にはDWR(耐久性のある撥水剤)加工をかけ、水を弾くようにしたことで、丈夫な仕上がりとなっています。

ラインナップ

Basket Bag 23L Liberty

価格 21,000円(税別)
サイズ:W400 x H300 x D200(mm)

リバティとのコラボレーション企画が立案されたとき、リバティ独自の花柄プリントがバスケットバッグにぴったり似合うと真っ先にイメージが湧きました。従来製品と同じフレームを取り付け、更に、花柄プリントを際立たせるために、リッチなダークブルーのナイロンのライニングを採用。中には大きなジップポケットがあり、すべてのトリミング装飾についても、同様のダークブルーになっています。表面にはブロンプトンの織ネーム、中にはパープルのリバティラベルを採用。全てのハンドルバーに適合します。

 

Tote Bag 9L Liberty

価格 13,000円(税別)
サイズ:W280 x H280 x D110(mm)

リバティバージョンのトートはブロンプトンユーザーの中で、よりスタイリッシュなアイテムを探されている方にぴったりです。コンパクトなショッパースタイルで、メインボディーにジッパーがあり、外ポケットが2つ。バスケットの様に、頑丈で、撥水性のあるプリントポリエステル生地を使用し、肩掛けや手持ちにも十分の長さのある柔らかなウェビングベルトを採用。乗車時には安全の為、ウェビングベルトをポケットにしまう事ができる。全てのハンドルバーに適合します。

Pouch 1L Liberty

価格 6,000円(税別)
サイズ:W180 x H130 x D45(mm)

ポーチは利便性を重視しています。ポーチを自分に向けてハンドルバーに、またサドルにも取付けられます。2本のベルクロストラップで取付け、埋め込み式マグネットがハンドルバーステムやシートポストに付く事で安定します。リバティのスペシャルバージョンはプリントされたポリエステル生地を使用し、中には携帯電話用の仕切りスリーブ、コインや鍵を入れるジップポケット、定期券やクレジットカードを入れるポケットがあります。全てのハンドルバーに適合します。

 

ご予約・お問い合わせはブロンプトン正規販売店まで
http://www.mizutanibike.co.jp/brand/brompton/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load