BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

エアロロードシリーズ「REACTO」の第 4世代が2021ラインナップに登場|MERIDA

「MERIDA(メリダ)」から、新製品が登場。エアロロードシリーズ「REACTO」の第4世代モデルをが2021年ラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

最も速く、最も快適なエアロオールラウンダーへの進化

2011 年に登場し、これまで数々の改良が施されてきた MERIDA のエアロロード「REACTO」は今年、2020 年ツール・ド・フランスを前に更なる進化を遂げます。

2011 年に初めて登場した初代 REACTO は、当時プロトンの中で広まりつつあったエアロロードの先駆け的存在でした。フォーク、シートチューブ、シートポスト、フレーム後部に当時の新たなトレンドを汲んだエアロ形状を採用した初代 REACTO は、ケーブルがすべて内装化され、Di2 専用モデルも用意されていました。
2012 年にはエラストマーインサートが S-FLEX シートポストに追加され、エアロロードカテゴリーでは類を見ない快適さを実現していました。

そして飛躍的に進化したのは、2013 年に TEAM LAMPRE MERIDA の発足と共に発表された第 2 世代 REACTO。このモデルはスプリンター、そしてアタックが得意な選手のためのエアロロードでした

この REACTO の空力性能は、それまで TT バイクである WARP TT 向けに行ってきた細かな要素を数多く採用し、世界最高のものとなりました。2014 年にはドイツの TOUR 誌が行ったエアロロードの大規模な風洞テストで、オールラウンダーモデルの SCULTURA と比べ、100km 走行時に 2 分以上のアドバンテージを記録し、空力性能第2位に輝きました。またヘッドチューブ剛性やパワー伝達性能の評価でも、素晴らしい結果を残しました。加えて重量や快適さは、エアロロードとしては驚異的だとの評価も得ていました。

その後、2018 年シーズンには、数々の変更を施した第 3 世代 REACTO をツール・ド・フランス前に発表。フレーム重量を 240g 削減して空力性能を 8 ワット高めた一方で、新たにディスクブレーキモデルもラインナップ、また整備性をできるかぎり簡単にする工夫も施しました。

そして REACTO は、MERIDA がサポートするチームたちの「マスト」バイクとなり、その快適さ、空力性能、全体的な走行特性は、世界のサイクリングメディアにも強い印象を与えました。

しかし、このモデルがベストであることは永遠には続きません。すでにクラス最高であったこのエアロロードをさらに進化させるべく、MERIDA はさらなる努力を行いました。

そして今回、満を持して登場したのが、空力性能をかつてないレベルにまで高めた第 4 世代 REACTO。これまでのモデルの DNA を受け継ぎながら、大幅な変更やアップグレードが施され、クラス最高水準の空力性能とオールラウンドなパフォーマンスを備えたモデルとなりました。

今回の開発にあたっての主な焦点は空力性能であったものの、軽量化などの他の特性や改善点も取り入れ、完璧なエアロオールラウンダーを目指しました。965g となったフレームはディスクブレーキ専用に設計を見直したことで全体バランスの最適化と 85g の軽量化に成功。コクピットとフロント周りは、ケーブル類を内装化し、2 ワットを削減。加えて、フォークはフレームと、より一体感のあるデザインにすることで、さらに 2 ワット削減します。また接合位置を下げたシートステーや、外部から隠したシートポストクランプとスルーアクスル、巧みに一体化させた流線型のディスククーラーも、空気抵抗のさらなる削減に貢献しています。

完全内装式のケーブルルーティング

フレームとの一体感を増したフォーク

フォークと一体化した流線型ディスククーラー

空気抵抗を軽減したシートポストクランプ

ディスクブレーキ専用設計のフレーム

また、空力性能だけでなく、エアロバイクで見落とされがちな快適さや操作性も配慮しました。カーボンレイアップや驚くほどしなやかな S-FLEX シートポストにより、REACTO はエアロロードバイクとしてクラス最高の快適さをも備えています。そしてタイヤクリアランスは最大 30mm まで対応しています。

S-FLEX シートポスト

最大 30mm まで対応のタイヤクリアランス

その他にも変速性能を向上させるダイレクトハンガーの採用など、新たな特徴や改良点を取り入れ、風洞施設でのテストや、CFD(流体解析)でシミュレーションを行なった新型REACTOはMERIDA史上最も速く、かつ最も快適で、場面を選ばないオールラウンドなエアロロードとなっています。

ダイレクトハンガー

また、YouTube の MERIDA X BASE チャンネルでは、ファーストインプレッションを公開しております

 

なお、価格などの詳細は今後、公式サイトなどで随時発表予定。

 

MERIDA公式サイト
https://www.merida.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load