BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オーストリッチ・輪行袋職人の作ったマスクケース【チェック戦隊BCレンジャー】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集部員・ニシヤマが「オーストリッチ・輪行袋職人の作ったマスクケース」をテスト!

輪行袋の老舗が作る逸品、第2弾!

オーストリッチ
輪行袋職人の作ったマスクケース

1500円(税抜)
素材:ナイロン、バイオライナー(内側)
サイズ:195×120 ㎜
カラー:オレンジ、ピンク、ブルー、レッド、ブラウン、ブラック(入手生地によってほかバリエーションもあり)

マスク需要が急速に高まった今年の春。サイクル用品を手掛けるメーカーも数多くマスクを作った。秀逸だったのが、サイクルバッグのオーストリッチが作った「輪行袋職人が作った布マスク」。3層構造の立体縫製。肌面側はコットンでさらっとした肌触り。長さ調節可能な耳ヒモなど、なかなかの優秀マスクで編集部でも愛用者が多い。アズマ産業では、医療用ガウンを製造して国内の自転車関連企業と協力して寄付したりと縫製メーカーとしてパワーを発揮。そんなところもサイクリストとして誇らしい。そのマスクアイテム第2弾が、このマスクケースだ。食事のときなど外した際に入れたり、2層仕様でスペアを入れておいたりとなにかと便利。自転車旅不足の今、オーストリッチを日常で使って、ちょっとツーリング感を補充できる癒し効果も大きい。

中は2層構造、スペアのマスクを入れられる。カバンなどにぶら下げられるヒモ付き。内側はバイオライナーで脱臭&制菌効果あり。革のホックを外せば、丸洗い可能。

洗濯しても制菌&消臭効果が持続!

自転車通勤なので、インフルエンザの季節などもあまりマスクをしなかったニシヤマ。今回のウイルスの脅威でマスク生活にも慣れたが暑い。マスクを外すときも増えたので、清潔にしまえるケースを探していたところにこれはピッタリ!

 

問:アズマ産業
www.ostrich-az.com

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ニシヤマ

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load