BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【TEAM ユキヤ通信2020 №38】好調の新城15位でゴール。積極的な逃げで世界選へ期待! 

9月19日、イタリア、アベニン山脈を舞台に開催された81st Giro dell’Appennino (ジロ・デルアッペニーノ 1.1)に新城幸也選手が参戦し、連日逃げに乗る積極的な走りをみせているが、この日は15位でゴールしている。9月27日にイタリア・イモラで開催される世界選手権ロードに日本代表として出場する予定だが、その好調な様子がうかがえるだけに期待がかかる。その結果とコメントをお伝えする。

5つの山岳ポイントに、7つのスプリントポイントが設けられた191km。

最後まで全力を尽くす新城 Photo  Bettini Photo

新城は17日のコッパ・サバティーニに続き、またしても逃げに乗り、残念ながら、その逃げ集団は吸収されるも、トップと同タイムの集団の中15位でフィニッシュ。UICポイントを5P獲得し、東京オリンピック代表選手選考ポイントを15点加算しました。

新城のコメント

「今日も逃げに乗ることが1つの目的だったのだが、なかなか逃げが決まらなかった。何度、動いたか分からないぐらい動いた。結局、60km地点の最初の山岳ポイントでやっと決まった。

このレースは120km地点から始まる8kmの登りが鍵となる。登り口から勾配がキツイ。3分差で登り始めたが、5kmぐらい登ったところでメイン集団からアタックがかかり、そこで逃げは吸収、それからが追い込んだ(笑)

登りで遅れては、下りで追い付いての繰り返しで、40人程の先頭集団に残った。そして、はバッタリンのスプリントに向けて、位置取りをしてスプリント勝負になった。やはり、逃げていたので、脚は残っておらず15位だったが、ゴールまで全力で頑張る事が出来て良かった。次戦の世界選手権に向け、良い感触を掴む事が出来て良かった。」

レースDATA

9月19日 Giro dell’Appennino ジロ・デッラッペンニーノ (1.1)
https://www.uspontedecimo.it/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load