BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロ・デ・イタリア|ウリッシが技ありの勝利!2位のサガンが山岳賞獲得|第2ステージ

ジロ・デ・イタリア2020第2ステージは10月4日、イタリア・シチリア島のアルカモからアグリジェントへの149kmのコースで行われ、ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)が上りスプリントを制してステージ優勝を果たした。個人総合トップのマリアローザはフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)がキープしている。

EFは規定違反のスペシャルウェアで出走

第2ステージは、前半に4級山岳を含む短めのアップダウン、中盤は平坦基調で最後に4級山岳アグリジェント(距離3.7km、平均勾配5.3%)の上りフィニッシュというコース。難易度は5段階中の星2つとそこまで高くないが、上りもこなせてスプリントも強いパンチャー系選手向けのコースと言えるだろう。

スタートラインに立ったのは、前日の個人タイムトライアルでリタイアしたミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)とタイムアウトになったルーカ・コヴィーリ(バルディアーニCSF)を除く174人のライダー。この大会のために作った特別なチームキットがUCIのウェアに関する規定に抵触して罰金を科せられたEFエデュケーションファーストは、この日も規定違反とされたジロ限定のチームキットを着て出場した。

レースはスタートしてまもなくトーマス・デヘント(ロット・スーダル)ら5選手が逃げグループを形成。最初の4級山岳サンタ・ニンファと46.1km地点の第1スプリント地点をデヘントがトップ通過した。

メイン集団はペースをコントロールしながら追走。途中、マリアビアンカ(ヤングライダー賞)の有力候補の一人と見られていたアレクサンドル・ウラソフ(アスタナ)が体調不良のためリタイアする場面もあった。

技ありスプリントでウリッシが勝利

粘りを見せる逃げ集団に対し、メイン集団は少しずつ差を詰めていく。最終的に逃げ集団をとらえたのは、残り10kmを切ってからで、第2スプリント地点もデヘントが先頭で通過した。

逃げ集団をとらえた先頭集団は、フィニッシュ地点にむけてハイペースを保ったまま最後の4級山岳の上りに突入。残り1.5kmほどのところでヴァレリオ・コンティ(UAEチームエミレーツ)がウリッシを引き連れてペースアップを図った。残り1km地点でルーカ・ワッケルマン(ヴィーニサブKTM)がアタック。これにウリッシとミッケルフレーリク・ホノレ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が反応し、ワッケルマンと入れ替わるようにサガンが先頭グループに追いつく。

残り400mを切り、先頭を引くウリッシが後方を見て少し緩めたところでホノレがコーナーでインを付いて先頭に出る。コーナーの立ち上がりでウリッシはホノレの後ろにつき、サガンの方を一瞥して一気に加速。ホノレを抜き去り、サガンも抑える技ありスプリントてトップでフィニッシュラインを越え、ステージ優勝を果たした。ウリッシのステージ優勝は2016年以来7回目だ。

一方、個人総合上位選手は先頭から5秒遅れのメイン集団でフィニッシュ。個人総合上位に大きな変動はなく、ガンナがマリアローザをキープした。ガンナはヤングライダー賞でも首位に立っている。

スプリント賞はステージ優勝を果たしたウリッシがトップに立ち、山岳賞はサガンの手に渡った。

ジロ・デ・イタリア2020 第2ステージ結果

ステージ順位

1 ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)
2 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)
3 ミッケルフレーリク・ホノレ(ドゥクーニンク・クイックステップ)
4 マイケル・マシューズ(チーム サンウェブ) +5秒
5 ルーカ・ヴァケルマン(ヴィーニザブ・KTM)
6 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)

 
マリアローザ(個人総合成績)

1 フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)
2 ホアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ) +22秒
3 ゲラント・トーマス(イネオス・グレナディアス) +23秒
4 トビアス・フォス(ユンボ・ヴィズマ) +31秒
5 ヨセフ・チェルニー(CCCチーム) +36秒
6 マッテオ・ソブレロ(NTTプロサイクリング) +40秒

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

ディエゴ・ウリッシ(UAEチームエミレーツ)

マリアアッズーラ(山岳賞)

ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

フィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアス)

チーム総合成績

イネオス・グレナディアス

第2ステージのルート

ジロ・デ・イタリア出場選手リストはコチラから。

「ジロ・デ・イタリア出場選手リスト」

大会公式サイト
www.giroditalia.it 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load