BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

宇都宮ブリッツェン増田、スペイン・オルディシアでトップから5分差の20位でゴール

10月12日スペインバスク地方のオルディジアで開催されたプルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ、通称「オルディシア」で、NIPPO・デルコ・ワン・プロバンスのサイモン・カー選手が優勝。日本人選手としては宇都宮ブリッツェンの増田成幸選手が20位で最高位を獲得した。現地からの速報レポートをスペインから對馬由佳理さんがお伝えする。

また、このレースに出場し、増田選手と共にオリンピック代表争いを繰り広げていたNIPPO・デルコ・ワン・プロバンスの中根英登選手と石上優大選手はともにレースを途中棄権することになった。今日のレースによって獲得したUCIポイントを加算した結果、オリンピック出場を目指す日本人選手のJCFポイントランキングはそれぞれ増田選手383.8ポイント、中根選手282ポイント、石上選手161ポイントとなり、決着がついた形だ。

雨のなか、逃げが決まらない高速レースに耐えた増田

この日のレースはバスクらしい雨の中で開催され、レースは終始ハイペースで進んだ。ゴール前約50㎞でようやく形成された先頭集団から飛び出した サイモン・カーがゴールまで独走して優勝。増田選手はサイモン選手から5分21秒遅れの第20位でゴールした。

ゴール後、宇都宮ブリッツェンの清水監督が「一番厳しいと予想していたレース展開になった。逃げ集団がなかなか決まらず、終始ハイスピードのレースとなった。」とコメント。その言葉とおり、このレースの平均時速は42.75㎞だったと、レース後オーガナイザー側から発表があった。

この日のレースが終了しことで、日本人選手によるオリンピック代表争いは一旦終止符を打つことになる。

 

プルエバ・ビリャフランカ・デ・オルディシアコース 距離165.7㎞

コースは変則的な周回路を5周回する。残り3㎞下り基調の平坦となる。

プルエバ・ビリャフランカ・デ・オルディシア(UCI1.1)
Prueba Villafranca-Ordiziako Klasika(スペイン)UCI 1.1

期間・日程
2020年10月12日

開催地
スペイン・バスク地方大会公式WEBサイト
https://www.ordizia-pruebavillafranca.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load