BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車でお出かけ、シティライドで着てみたい秋冬ウエア「フリージー」|Pearlizumi

街中を出かけるシティライド、秋から冬、そして冬にかけてはウエア選びにちょっとした工夫をしたいところ。出かけるときは寒くても、走り出すと身体は暖まってくるので防寒と発汗どちらも大切だ。それに気持ちよく動きたいけど、ロードバイクで遠出をするのとは違うので、そこまでカジュアルに気軽に着こなしたい。

まずは秋から春まで長くベースとして着こなせるウエアを用意しよう。かなり長いシーズン着れるので、バリエーションをもっておくのもいいだろう。さらに追加でして羽織れるものを用意すれば、朝、夕、さらに寒い真冬でもライドが楽しめる。

ここでは気軽に自転車に乗るときに着やすいカジュアルウエア、パールイズミの「フリージー」ラインを組み合わせて、男性、女性の秋冬の着こなしを紹介していく。

MEN
カジュアルに着こなすベースの着こなし

秋、春など日中、カジュアルライドで、男性向けで人気の高いアイテムが、この「シティライド ウォーム プリント ジャージ」と「テーパード スリークォーター」の組み合わせだ。シティライド ウォーム プリント ジャージは保温性を持たせながらも吸汗速乾性に優れるため、15℃くらいの気温なら乗り始めに温かく、バイクに乗って運動しているときは汗をかいても快適だ。

シティライド ウォーム プリント ジャージ

カラー:トラフィック
価格:14,080円(税込)
サイズ: S, M, L, XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60239

テーパード スリークォーター

カラー:ブラック
価格:11,880円(税込)
サイズ: M,L,XL,3L
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60051

こちらはカラー違いの「シティライド ウォーム プリント ジャージ」と「テーパード スリークォーター」の組み合わせ。テーパード スリークォーターは細身のスタイリングながらストレッチ素材をつかっているので動きやすい。さらに裾には再帰反射素材を使用しているので、暗いなかでもさりげなくハイビズで存在をアピール、安全にも配慮している。この組み合わせをベースに幅広い温度帯に対応するため、この組み合わせの出番はかなり多いはずだ。

シティライド ウォーム プリント ジャージ

カラー:ジグザグ
価格:14,080円(税込)
サイズ: S, M, L, XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60239

テーパード スリークォーター

カラー:モス
価格:11,880円(税込)
サイズ: M,L,XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60051

MEN
朝夕の冷え込みにはフーディーを羽織りたい

冬のはじめや、秋、春でも朝、夕の冷え込み時間帯なら「シティライド フーディー」を「シティライド ウォーム プリント ジャージ」などのベースの上に羽織ってみよう。素材は吸汗性にも優れるものを使っているが、重ね着することで自由に脱ぎ着でき、さらに温度調整もしやすい。アシンメトリックなファスナーを使うことで、デザインとしてのアクセントをみせながら、動きやすくもなっている。ボトムにはオフィスカジュアルにもお勧めの九分丈の「テーパード バイカーズ パンツ」との組み合わせてみた。裾も絞れるので、ペダリングもしやすいはずだ。

シティライド フーディー

カラー:グレー
価格:12,980円(税込)
サイズ: M, L, XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60242

テーパード バイカーズ パンツ

カラー:ブラック
価格:12,980円(税込)
サイズ: M,L,XL,3L
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60053

「シティライド フーディー」は柔らかい鹿子調素材を使った、シティライドに便利なパーカー。小物を収納するのに便利なポケット付きなので、スマホやお財布の収納にも便利だ。

MEN
冬になったらあったかいフーディージャケットを重ね着

本格的な冬になったら「フーディー ウィンター ジャケット」を羽織るとさらに暖かい。防風性を持たせた素材に、内側には軽くふわりとしたフリーズ素材を使っているため、5℃くらいの寒さまで快適に過ごせる。さらにフードもついているため暖かく、寒い冬のシティライドも暖かく軽快に楽しめる。ここでもボトムには着こなしやすい「テーパード バイカーズパンツ」を組み合わせてみた。

フーディー ウィンター ジャケット

カラー:ブラック
価格:20,350円(税込)
サイズ: M, L, XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60044

テーパード バイカーズ パンツ

カラー:モス
価格:12,980円(税込)
サイズ: M, L, XL
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60053

「フーディー ウィンター ジャケット」はふわりとした着心地のフリース構造の素材に、さらに防風素材を採用しているので暖かいのが特徴だ。さらに収納ポケットが左胸と左右前後にあるので、スマホやお財布などの収納にも便利だ。

MEN
より本格的にロングライドするならインナーパンツを組み合わせ

シティーライド向けの「フリージー」ラインのパンツはよりカジュアルに着られるようにサイクルパッドが入っていない。そこでフリージーを着てロングライドを楽しむなら、パッド付きのサイクリング用インナー「メガ メッシュ インナーパンツ」との組み合わせをお勧めする。インナー極厚パッド「3D-メガ」を採用しており、クッション性に優れ、お尻が痛くなりにくいのが特徴だ。ロングライドを楽しむなら、ぜひ試してみよう。

メガ メッシュ インナーパンツ

カラー:ブラック
価格:8,250円(税込)
サイズ: S / M / L / XL / 3L

https://www.pearlizumi.co.jp/detail/59906

WOMEN
秋から春まで楽しめるウォームアップジャージ

女性向けの秋、春のベースウエアとしてお勧めは「シティライド ウォーム プリント ジャージ」と「バックフレアー スカート」の組み合わせだ。シティライド ウォーム プリント ジャージはシャープなデザインならがも、レーシングラインのジャージよりもゆったりしたデザインのため、動きやすさはそのままにリラックスして走るシティライドにちょうどいい。

シティライド ウォーム プリント ジャージ

カラー:ブランチ
価格: 14,080円(税込)
サイズ:S, M, L
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60254

バックフレアー スカート

カラー: ブラック
価格: 5,500円(税込)
サイズ:S-M,M-L
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60127

WOMEN
寒くなったらフーディーを組み合わせ

さらに朝、夕の冷え込む時間帯に便利なのだが「シティライド フーディー」だ。ベースとなるシティライド ウォーム プリント ジャージの上に羽織るように組み合わせてみよう。ソフトな触り着心地の鹿子調素座を使っているため暖かく、さらに吸汗性にも優れるのでライドで汗をかいても快適さを維持できる。ここではボトムに「サイクル カプリ パンツ」を組み合わせてみた。

シティライド フーディー

カラー:ブラック
価格: 12,980 円(税込)
サイズ:S, M, L
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60257

サイクル カプリ パンツ

カラー:カーボン
価格: 14,080円(税込)
サイズ:S
https://www.pearlizumi.co.jp/detail/60097

アシンメトリーなファスナーを採用することで、ライド中に前傾姿勢が取りやすく、さらにバックポケットも充実しているのでライドに必要な小物類の収納にも便利だ。さりげなく右腕には再帰反射素材を使い、ライドでも安全なハイビズなデザインになっている。

 

問:パールイズミ
http://www.pearlizumi.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load