BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オンラインで自転車の世界一を決める! UCI eスポーツ世界選手権が12月9日に開催

世界中のトップ自転車選手が参加し、オンラインで世界一を決めるeレースが12月9日に開催される。これは自転車の競技団体、国際自転車競技連合(UCI)が「2020 UCI eスポーツ世界選手権大会」として開催するもので、その日本代表派遣選手が日本自転車競技連盟(JCF)から派遣されるという公式なものだ。12月9日22:45からはZwift(ズイフト)のYouTubeチャンネルでも放送される。

世界のプロ、アマのトップ、そして日本からは4選手が参加

 

コースはズイフトのワトピアを使い、男女同じ50㎞のコースで行われる。世界22か国から女子55人、男子78人のライダー参加する。

女子では世界チャンピオンのアナ・ファンデル・ブレゲン(オランダ)も参加するほか、男子ではエステバン・チャベス(コロンビア)、トム・ピドコック(イギリス)、エドヴァルド・ボアソン・ハーゲン(ノルウェー)も出走リストに名を連ねる。プロ選手だけでなく、現在、ズイフト男子ランキング1位のHolden Comeau(アメリカ)と女性1位のLaura MatsenKoなど、アマチュアライダーも参加する。

日本からはEFプロサイクリングに移籍することが決まったばかりの男子エリート別府史之(JPCA、NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス)、さらに東京2020代表候補の増田成幸(栃木、宇都宮ブリッツェン)、女子エリートでは東京2020代表候補の與那嶺恵理(茨城、OANDA JAPAN)、そしてJフェミニンツアーで活躍する樫木祥子(東京 株式会社オーエンス)の男女2人ずつが出場する。

勝者にはアルカンシェルと賞金約100万円

世界チャンピオンにはアルカンシェルのアバター、さらに2021シーズンのUCIのeサイクリングイベントで着用できるリアルジャージが与えられる。このほか、賞金が男子と女子同額で与えられ、1位ので8000ユーロ、2位が4000ユーロ、3位が2000ユーロとなる。つまり優勝すると約100万円が与えられることになる。

スタートリストはこちら(UCI公式WEBサイト)
https://www.uci.org/docs/default-source/official-documents/cycling-esport—official-documents/20201203-wato-entries.pdf

2020 UCI eスポーツ世界選手権大会

放送時間:2020年12月9日(水) 日本時間22:45(CET 13:45)
開催場所:Zwift Watopia
放送:ズイフト公式YouTube
https://www.youtube.com/zwift

UCI公式WEBサイト
https://www.uci.org/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load