BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フィールドコア・メリノウールロングタイツ|チェック戦隊BCレンジャー

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集部のニシヤマが「フィールドコア・メリノウールロングタイツ」をテスト!

メリノウール100%でこの価格!?

フィールドコア
メリノウールロングタイツ

価格:1900円(税込)
素材:毛(メリノウール)100%
サイズ:M、L、LL

Tシャツ、ロングスリーブ、靴下なども

ブームとなっているワークマンのアウトドアウエア。その人気の理由はコスパだが、今期圧倒的と思われるのがメリノウールのシリーズだ。11月初旬にサイクルキャンプにいいアンダーがないかなと探していたら、驚き価格のコレを発見。LLサイズしかお店になくて、数件探してようやくMを入手した。メリノウールは高い吸湿性と保温性で汗冷え知らずの最高級ウール。高額なのが難点だが、アウトドアユーザーやサイクリストは価値を知っている。この価格なら買うしかないでしょ。今季は、もうショップ在庫のみで趣味人比率の多い街中では、やはり売り切れっぽい。想定以上に寒かった先日のキャンプではこれに助けられた。底冷えする最近は部屋でも使っていて、2枚買っておけばと後悔。

インナーなので、こっそりワークマンというのも人気の理由かも。春夏のサイクルパンツの下にはけば、冬用として使える。

 

ニシヤマイエローのコメント

ワークマンは、アウトドアウエアを手掛けた当初からけっこう愛用していて、着用率はユニクロを上まわる。長持ちかつ着心地も悪くないので、気づくと足元までぜんぶワークマンだったということが少なからずある。

 

問:ワークマン
https://workman.jp

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ニシヤマ

自転車暦35年。中学時代からの、生粋のヲタクランドナー乗り。近年は、バイシクルクラブのツーリングやeバイク関連の連載やムック製作を担当。国内発売のeバイクの多くに試乗。貧脚&ラクが好きなのでeバイクと親和性高い。FUNQ「eBIKELIFE」管理人

ニシヤマの記事一覧

自転車暦35年。中学時代からの、生粋のヲタクランドナー乗り。近年は、バイシクルクラブのツーリングやeバイク関連の連載やムック製作を担当。国内発売のeバイクの多くに試乗。貧脚&ラクが好きなのでeバイクと親和性高い。FUNQ「eBIKELIFE」管理人

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load