BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ラファファウンデーション基金が日本初の支援団体を発表|Rapha

サイクリングとサイクリストへより良い未来を実現するために2019年に設立されたラファファウンデーション基金が、日本初の支援団体を発表した。

ラファファウンデーションは創立者兼CEOであるサイモン・モットラムとラファの株主であるトムとスチュアート・ウォルトン兄弟により設立された。ラファファウンデーションのミッションは、次世代の選手達に感動と力を与えてサポートし、サイクリング界により良い未来をもたらすこと。ラファは、サイクリングの設備やサービスが十分ではないあらゆる規模の非営利団体に直接資金提供を行っており、このような団体をサポートし、夢を持つ未来のレーサーたちを地元の公園からサイクリング界の表彰台の頂点を目指す旅へと導いているのだ。

活動3年目に入った今年、初めてアジア・パシフィック地域で日本とオーストラリアの団体を支援することになった。日本で初めてラファファウンデーションの支援を受けるのは、一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会(以下JCSPA)が立ち上げたTop Cyclist Academyだ。以下、プレスリリースより。

次世代の選手達を支援するため1,100万円の助成を決定

本日、日本で初めてラファファウンデーションの支援を受けることとなる一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会(以下JCSPA)が立ち上げたTop Cyclist Academyを紹介します。このアカデミーは、プロサイクリストとして世界で戦える選手を育成する強化スクールで、フィジカルとメンタルトレーニングはもちろんのこと、メディアトレーニングなどコミュニケーション能力や社会性も含め教育していくプログラムを擁し、講師陣にはオフロード競技を主にコーチとして資格を持つ指導者を揃えています。

ロードやトラックなどでも、どのジャンルの自転車競技で活躍できる選手になるためにも、幼少期からのオフロード経験で得られるフィジカルや操作性のスキルなどが大いに優位になることが知られています。Top Cyclist Academyは3年間を通して10万5千ドル(約1,100万円)の支援を受け、安定して世界に通用する選手を輩出できるシステムを構築することに全力を尽くしていきます。

ラファ創業者兼CEOのサイモン・モットラムのコメント

「サイクリングの中で最も重要な草の根の活動をサポートすることはラファにとっての長年の夢でした。ラファファウンデーションは必ず大きな影響をもたらし、さらに、サイクリングを世界で最も人気のあるスポーツにするという私たちのゴールに一石を投じるものとなるでしょう。多くの重要なアスリートを輩出してきている日本のスポーツ、これをきっかけに皆さんの支援と応援を受けながらサイクリングでも多くの日本人選手をプロトンで見かけることとなる日を願っています」

JCSPA代表理事の渡辺俊太郎氏のコメント

「オフロードサイクリングは高度なバランススポーツであり、世界で活躍するためには幼少期から始める必要があります。同時に、バイクコントロールの楽しさや、冒険の要素があるため、子供達が楽しく行う事ができ、自転車競技への門を広げられます。世界でも認められているオフロードから楽しむ流れを日本でも実施し、自転車競技を続ける環境を提供する必要性を強く感じていました。そのような中、今回、サイクリストなら誰もがサイクリングへの高い貢献度を認めるラファが作る基金の支援を受けさせていただくことが決まり、当プロジェクトをローンチさせる事ができました。当プロジェクトをきっかけに、日本における自転車競技のパスウェイのモデルを作り、継続的に世界レベルの自転車競技者を排出していく環境を整えられると確信しています。

ラファファウンデーションは、毎年春と秋の年2回助成金を受け取る候補団体を募集しています。非営利団体であることを必要とし最大で15万ドルの支援を受けることができます。今後は、さらに日本で支援できる団体を募集していきます。より多く、広い範囲で自転車競技者を増やしている団体、育成プログラム、さらには自転車のインフラや立場向上へ働きかけている団体なども新たに適用団体として追加されていく予定です。MTBコレクションの発表と同時にトレイル活動団体も将来的に適用団体として検討中です。

製品、イベント、コミュニティを通してラファはサイクリングに情熱を捧げ、サイクリングが世界で最もポピュラーなスポーツとなるために尽くしてきましたが、今後はラファファウンデーションを通した活動も通して努力をし続けていきます。

 

ラファファウンデーションについて

ラファファウンデーションは、ラファの創立者でありCEOのサイモン・モットラムにより2019年に設立され、株主であるトムとスチュアート・ウォルトンによる、サイクリングを広げる、競技者を増やすことに貢献している団体へ直接資金提供を行なっています。この経緯の中で、ラファファウンデーションは、将来有望なレーサーたちを、地元の公園から世界のトップレベルで表彰台を目指す旅へと導きます。申請についての詳細はhttp://www.raphe.cc/jp/ja/stories/raphe-foundationをご確認んください。

 

一般財団法人日本サイクルスポーツ振興会(JCSPA)について

自転車競技は広大な土地や特殊な施設が必要であり、機材スポーツであることながら、競技の実施、強化には多額の費用が必要です。また、自転車は他のスポーツと異なり交通手段であり、道路交通法が適応されます。従い、サイクルスポーツの普及には自転車と歩行者と車が共存する、という文化の醸成が必要であり、そのためには自転車のアピールと同時に自転車に対する国民の理解も不可欠です。このようなサイクルスポーツの実情を踏まえ、自転車関係団体の他、様々なスポーツ関係者や行政と連携し、公益財団法人日本自転車競技連盟を補完しながら「サイクルスポーツを日本のメジャースポーツ・文化に」する組織として、2018年8月に設立。なお、JCSPAはメインスポンサーである日本写真判定(株)と同社が運営する競輪施行自治体や当該地域の方々の支援と協力を受けて運営。

 

ラファについて

ラファはロードサイクリストのための高品質で美しいウェアを作るために2004年に設立されました。都市をいくコミューターから世界最高レベルのプロチームまで、すべてのサイクリストが袖を通すブランドになった今も、サイクルウェアの革新のために限界に挑戦し続けています。また、ラファは情熱的なサイクリストがメンバーとして集う、サイクリングクラブとしては世界最大のコミュニティ、ラファサイクリングクラブ(RCC)を擁しています。ラファの販売スタイルと独自のブランドバリューは、カフェと自転車文化をひとつの場で提供する、クラブハウスというラファ直営店の世界的なネットワークによって体現化されています。

 

Rapha
https://www.rapha.cc/jp/ja

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load