BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

未舗装路を走るストラーデビアンケでワールドツアー開幕、與那嶺恵理47位で完走

3月6日、イタリアの中部、トスカーナ地方のシエナでストラーデビアンケ、通称「白い道」と呼ばれる未舗装路を走るレースが開催された。このレースは世界最高峰のカテゴリー男女のワールドツアーレース、現日本チャンピオンの與那嶺恵理(よなみねえり、チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)が出場、以前このレースで13位という成績を収めており期待されたが、結果として47位で完走するにとどまった。

アップダウンを繰り返す丘陵地方、136㎞のコースで行われた女子レース、元世界チャンピオンのシャンタル・ブラーク(SDワークス)がイタリアチャンピオンのエリーザ・ロンゴボルギーニ(トレック・セガフレード ウィメン)、を抑えて勝利した。また、184㎞のコース男子ではマチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)が勝利し、男女ともにオランダ勢が勝利を収めた。

PHOTO:LaPresse

以下、與那嶺恵理選手からのレポートをお届けする。

オランダからイタリアへ1300㎞移動からのストラーデビアンケ

PHOTO:LaPresse

走る前は自分に期待をして、中盤まではとても良い位置取りができました。しかし終盤で力が入らない。本当に残念なレースとなってしまいました。

今年初戦のワールドツアー。楽しみにしていました

PHOTO:LaPresse

グラベルを含む強烈なアップダウン、休む場所がないレース。イタリア・シエナの丘陵地帯でのレース。

ベルギーから丸2日をかけて陸路での移動で、久しぶりに身体がバグる感じがしました。浮遊感が身体に残る状態でしたが、気持ちはやる気で行きました。

作戦は変わらずみんなで生き残れ

PHOTO:LaPresse

スタートからやる気満々。最前列でスタート。(何故かここにも武井享介コーチ 今日も静かです)

レースはグラベルセクターごとに集団は伸びて縮む、ペースの上げ下げの激しいレース。
「自分でもびっくりするぐらい位置取りがうまく行って、今日は行けるな」と思いながらレースを進めました。

落車、パンク、チェーン落ちなど、多くのトラブルがまわりで起きますが今日は大丈夫。うまく避けながらレースを進めます。しかし、終盤に入ると身体に力が入らず。パワーも低下してメイン集団に残るのが精一杯。

PHOTO:LaPresse

チームメイトはエースのローレン・スティーブンスとクリステン・フォークナー。彼女たちをフォローをしながらでしたが、力が入らずメイン集団から残り15㎞、もっともきつい最後のグラベルセクションでドロップ。

PHOTO: Kyosuke TAKEI

コーチから「えり!!! 何やってんだよ!!!」
(何故かコーチはそこにいるんですよ)
わかっているんですよ、けど力が入らない日があるんです。私が一番残念です。

レースシーズンが始まって8日目。3レースを走り、少し修正が必要な感じです。
「まわりがとても速い」
まわりが昨年に比べてとても強い。ちょっとショックです。が、やらなければゲームオーバーです。やるしかない。

やれることはコツコツとやっています。練習、ダイエット、補強運動、ほぐし体操。

今回の問題は、長時間の陸路移動

PHOTO: Kyosuke TAKEI

今週はチームハウス滞在で十分なトレーニングが出来なかった。そして、必要な栄養の不足。

わかっているのですが、今回は仕方がない環境もあります。けど、このチームには自由と安全がある。

データ解析の結果、力を発揮できていないことが判明

PHOTO: Kyosuke TAKEI

今日のレースデータを分析しました。

今週の火曜日のレース(ル・サミン)の後半1時間で出せているデータに比べ、今日のレースでは後半1時間で大きくデータが落ちていました。その理由を今コーチが分析しています。すぐに修正をして、トレーニングブロックを再構築して次のレースへ。

シーズンは始まったばかりです。次のレースは 3月14日(日)ベルギーで開催のGP OETINGEN(ウーティンゲン)、良い感触をまずは取り戻します。

全てを力に変えて
與那嶺恵理

リザルト
ストラーデビアンケ 女子エリート 136㎞ 平均速度34.773 km/h

1 シャンタル・ブラーク (チームSDワークス、オランダ) 3h54’40”
2 エリーザ・ロンゴボルギーニ (トレック・セガフレード ウィメン、イタリア)  + 7″
3 アンナ・ファンデルブレッヘン(チーム SDワークス、オランダ)  + 9″
4 アネミエク・ファンフルーテン (モビスターチーム、オランダ)  +11″
5 セシリーウトラップ・ルドヴィグ (FDJヌーヴェルアキテーヌ・フチュロスコープ、デンマーク) +11″
47 與那嶺恵理(チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク、日本) +5:28

 

レース公式WEBサイト
https://www.strade-bianche.it/

輿那嶺恵理 公式WEBサイト
http://eriy.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load