BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サイクリング用長指グローブはバーテープとの相性で選ぶ|プロが教えるアイテム選び

サイクリング用グローブといえば指切りグローブが一般的だが、最近ではオフロードのみならず、日焼け対策などでオールシーズンで長指グローブを愛用する人も多い。ここでは尾根幹の入口、東京都稲城市矢野口にあるショップ、トライクルのノリさんにおすすめのグローブを教えてもらった。

慎重なサイジングが必要グローブ選びのコツとは?

グローブはライダー転倒時に身体を守る、ハンドルグリップ力を上げる、手への振動を吸収するなど多数の役割をもつアイテムです。

長指と指切りの違い、素材による伸びやすさや肌触りの違い、そしてパッド量の違いを試着して確かめましょう。とくにパッドはクッションになって振動吸収性を上げる半面、握りやすさとダイレクト感が失われるので、実際にハンドルやレバーを握ってチェック。

最近のバーテープは分厚くクッション性が高いので、グローブのパッドはそんなにいらないかもと個人的に感じています。

カブトのRPG7はクッションが少なめで、ダイレクト感が抜群。縫い目のないシームレス構造、広い面積の汗拭き部分、中指部分のグリップなどOGKらしいこだわりが満載です。デフィートのグローブETも好きです。暖かさも涼しさも兼ね備えたオールシーズンモデルです。グローブもサイジングが重要なので、ショップスタッフと話し合って決めましょう。

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load