BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

2021年EFエデュケーション&NIPPOキットがついに発売|Rapha

「Rapha(ラファ)」から、新製品が登場。2月に発表され話題となった、別府史之と中根英登選手が所属するEFエデュケーション・NIPPOのチームコレクションがいよいよ発売となる。ラインナップはエアロジャージ、ビブショーツ、ソックス、ミュゼットなど。以下、プレスリリースより。

鮮やかなチームコレクションを纏ってシーズンイン

2019年のツアー・ダウンアンダーでデビューした真っ黒なブラックアウトキットからパレススケートボードとのコラボレーションで2020年ジロ・ディタリアで話題を独占したアヒルジャージまで、ラファとEFは常に既成概念を打ち破ってきました。私たちのジャージキットに袖を通すことは、限界を突破し、スポーツを前へと進めることを意味しています。

しかし、アヒルジャージはプロのプロトンに衝撃を与えましたが、今回私たちは羽を撒き散らすことはありません。熱湯を注ぎ込んだ昨シーズンとは異なり、2021年の選手たちは従順なジャージをまといます。実際のところ、世界で最も従順なジャージデザインであるとも言えます。ルールブレーカー(掟破り)なんて名声を得ていますが、今シーズンのデザインはルールメーカー(掟作り)の規則に「そのまま」則ったものです。

ルールや規則に則ったジャージをデザインすることを目標としながらも、私たちのデザイナーたちはラファらしさにこだわりました。デザイナーたちは細心の注意を払ってスポンサーロゴの位置や間隔を調整。従順なジャージを作るというクリエイティブなアプローチを示す注釈を添えています。
これらの細かい部分はヘリコプターの空撮で見てとることができませんが、実際にジャージを着るライダーやサポーターたちは、ロードレースを前に進めたいと願うチームの気持ちを汲み取ることができるでしょう。テレビの前やコース沿道から声援を送るファンは、プロトンの中で鮮やかに発色するチーム伝統のハイビズピンクを見逃さないはずです。
みなさんがまとう時も、一見スタンダードに見えるチームジャージも、よく見るとストーリーが浮かび上がってくるような仕組みで楽しませてくれます。オーナーならではの楽しみかたを得ることができます。

ラインナップ

メンズ& ウィメンズEFエデュケーション・NIPPOプロチームエアロジャージ

価格:24,500円(税込)
メンズサイズ:XS ‒ XXL、ウィメンズサイズ:XXS – XL

わずかなエアロダイナミックなアドバンテージが勝敗を分かつレース状況において、最速ライドを約束するプロチームエアロジャージ。このジャケットは、単なるレプリカではなく、EFプロサイクリングの選手たちが実際に世界最高峰の舞台で着用するものと同じものです。
エアロジャージの全ての要素はプロレーサーの視点からデザインされたものです。前面に使用された空気の抜けが良いスムーズな生地と、背面に施されたテクスチャー加工が抗力を低減。出力を確実にスピードに繋げます。背面は一方向に毛羽立った素材を使用。空気の流れと同じ方向には滑らかに、反対方向にはざらざらした加工が施されており、さらなるエアロダイナミックなアドバンテージを生み出します。ジャージの前面や袖に使用されている素材を含めて極めて軽量で、考えうる限りの軽量性が特徴。同時に、高いストレッチ性によりレース仕様のフィット感を実現しています。
リアポケットの裏側に使用されたメッシュ生地により背中の通気性をキープ。さらにジャージの背面に施された接着式テープによる補強がリアポケットに入れた収納物を支えます。フルレングスのジッパーはハイスピード走行時にも開閉が容易なオーバーサイズ仕様。ジッパーガードにより勝利のウィニングポーズの際にもプラーが顎に刺さることはありません。

EFエデュケーション・NIPPO メンズプロチーム ビブショーツII

価格:32,500円(税込)
サイズ:XS – XXL

レースが白熱した時にも快適に走れるようデザインされたEFエデュケーション・NIPPO プロチームビブショーツには、長年世界最高峰の舞台で培われたテクノロジーが詰め込まれています。
2021年のEFプロサイクリングのユニークなジャージデザインにマッチしたディープブルーの素材は柔らかく、適度にコンプレッションの効いた肌に優しい履き心地です。バイクポジションを取った際に快適なカッティングで、サイズ毎に調整された、2種類のフォームを組み合わせたプロチームシャモアパッドを採用。チームの選手たちが実際に着用するものと同じものです。縫合部分を極力省くことで流線型が保たれ、ヒップ周辺の擦れを防ぐ設計と、確実なフィット感を生む幅のある薄型のグリッパーが特徴です。
上部にはチームジャージにマッチしたデザインが施されており、速乾性と高い吸水性、高い伸縮性を誇るメッシュ素材が暑い日のライドでも快適性をもたらします。肌に優しい薄型の接着式縫合が摩擦や擦れを防ぎます。腰の部分には、レースでの使用を想定した無線用ポケットを備えています。

EFエデュケーション・NIPPO ウィメンズプロチーム ビブショーツII

価格:32,500円(税込)
サイズ:XXS – XL

レースが白熱した時にも快適に走れるようデザインされたEFエデュケーション・NIPPOカラーの、ウィメンズプロチームビブショーツは、ウィメンズレースのプロトンの中で磨かれた最先端のテクノロジーと目を惹くデザインが特徴です。
2021年のEFプロサイクリングのユニークなジャージデザインにマッチしたディープピンクとブルーの素材は柔らかく、適度にコンプレッションの効いた肌に優しい履き心地です。バイクポジションで快適に走ることができるようカッティングされており、女性専用のシャモアパッドを採用。実際にプロ選手達が過酷なトレーニングライドや高強度のレースで使用しているものと同じものです。縫合部分を極力省くことで流線型が保たれ、ヒップ周辺の擦れを防ぐ設計と、ショーツのズレを防ぐ幅のある薄型のグリッパーが特徴です。
上部にはチームジャージにマッチした油膜のようなグラデーションカラーが施されており、速乾性と高い吸水性、高い伸縮性を誇るメッシュ素材が暑い日のライドでも快適性をもたらします。肌に優しい薄型の接着式縫合が摩擦や擦れを防ぎます。腰の部分には、レースでの使用を想定した無線用ポケットを備えています。

EFエデュケーション・NIPPO プロチームソックス

価格:2,500円(税込)
長さ:レギュラー
サイズ:XS – XL

EFエデュケーション・NIPPOの選手たちがシーズンを通して着用するプロチームソックスは、究極の快適性と高いパフォーマンスが特徴です。新しく進化したナイロン素材を使ったプロチームソックスは、汗を素早く発散、ソフトで快適、また他のレース用ソックスと違ってズレにくくなっています。高強度のライドやレースを想定し、甲部分には通気性の高い生地を採用。さらに快適性とフィット感を高めるため、生地にはエラステインを追加してストレッチ性を高め、足首部分のサポート力を向上させています。

EFエデュケーション・NIPPO ミュゼット

価格:2,500円(税込)

選手たちがレース中に補給を行う際に使用するミュゼットは長年ロードレースに欠かせないアイテムとして活躍してきました。EFエデュケーション・NIPPOのソワニエたちが沿道で準備するこの限定版ミュゼットには、目を惹くチームのロゴと、2021年のチームキットと同じデザインが施されています。耐久性の高いコットン生地を使用したこのミュゼットには、収納物を安全確実に運ぶためのスナップボタンが設けられています。

EFエデュケーション・NIPPO ライトウェイトスヌード(ネックゲイター)

価格:2,500円(税込)

通気性を維持しながら身体を保温するこの軽量スヌード(ネックゲイター)には、ハイパフォーマンスなサーマル紡績糸であるプリマロフト®生地が使用されています。冷気の侵入を防ぐカラーとして首元を覆うのはもちろん、より寒いシーンでは顔面を覆うことで鼻と耳も守ることができます。チームエディションには、アップデートされた2021年チームキットのデザインが施されています。

 

コレクションの詳細はこちらをチェックしよう。
https://www.rapha.cc/jp/ja/ef-education-first

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load