BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

突然導かれたゴールへの道 藤田涼平【El PROTAGONISTA】

PAGE
2 / 2

沖縄合宿をきっかけに開けたプロレーサーへの道

「春休み、どうせヒマなんだろうから、沖縄で自転車合宿してこい」。ロードバイクに再びまたがるようになった息子の姿を見ていた父は、沖縄の知人に頼んで、息子と岩村をホームステイさせた。「始めは専門学校時代の想い出になるかな……というノリだったんですが、現地のサイクルショップ沖縄輪業でアルバイトをしながら、地元のロードチーム男塾福山二輪倶楽部のメンバーと練習をするようになりました」

自転車漬けの日々。二人の目標は必然的に11月のツール・ド・おきなわに決まった。本格的に練習を積んで沖縄から戻った藤田はその直後、みずからの思いもよらぬ素質に気づくこととなる。

8月のある日、マスターズでトラック競技を目指していた父について、大宮競輪場でトラックバイクを借りて1000mを測ってみた。記録はなんと1分12秒。トラック上級者の壁となるタイムにたった一度で到達した。

「血筋からいって長距離しか向かないと思っていた自分が、5分以内の高出力に思わぬ力を発揮することに気づきました」

その後測定したVO2MAXの数値はなんと84。初めての4km個人追い抜きで4分50秒を記録するなど彼の能力は中距離種目で開花した。半年間の練習を経て挑戦したツール・ド・おきなわ100kmU 39では、3人の逃げを見送ったものの後続のスプリントで2着に飛び込み、本格的なレースで初めて5位に入賞した。

卒業間近に経験した自転車競技のおもしろさ。父に相談し翌年はさいたまサイクルプロジェクトで実業団デビューを果たした。

2017年は宇都宮ロードで3位、広島大会で3位と2段階昇格でE1まで上り詰め、その年のツール・ド・おきなわ100kmU 39でみごとに優勝、応援に来ていた沖縄合宿のメンバーを歓喜させた。翌年は全日本実業団個人追い抜きを4分39秒で優勝、渡良瀬タイムトライアルE1クラス優勝と、ついに藤田の実力が開花した。

「プロロードレースでも最後までトップグループに残っていれば、僕は最後の掛け合いの5分間で勝負できる。Jプロツアーでは長時間の速い展開に苦しみましたが、これは走力のベースを上げれば解決できると確信しました」

そして2020年、さいたまディレーブに入団してから、シーズンの3分の1のレースを完走する力を付けた。気がつけば本格的に自転車を始めて5年が過ぎて、中学時代一度は逃げた自転車競技に人生を賭けている自分がいた。

「自分には自転車で生きていく決意が競技に出合う前からあった。だから今の生き方に迷いはない。自分を強くしていく、それこそが未来を開くために必要なんです」

2021年開幕戦まであとわずか。秩父の山で黙々とロードワークに励む藤田の車輪の先に、一筋の光が見えた。

電光石火のスピードで勝負を挑む藤田涼平。最終展開から目が離せない!

REPORTER

管洋介

海外レースで戦績を積み、現在はJエリートツアーチーム、アヴェントゥーラサイクリングを主宰する、プロライダー&フォトグラファー。本誌インプレライダーとしても活躍
AVENTURA Cycling

 

El PROTAGONISTAの記事はコチラから。

「El PROTAGONISTA」一覧

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load