BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジロに登場!新型TTバイク「キャニオン・スピードマックスCFR TT Disc」発売| Canyon

「Canyon(キャニオン)」から新製品から登場。キャニオンのロード・タイムトライアルレース「スピードマックスCFR TT Disc」が発売される。このバイクは今週からはじまるジロ・デ・イタリアでデビュー、UCIレギュレーションに適合したモデルとなる。以下、プレスリリースより。

ワールドクラスのレースバイクとして開発された「CFR」

5月に開幕するジロ・デ・イタリアにて、モビスターチームがスピードマックス CFR TT Discを実戦初投入します Copyright: Canyon

CFRとはCanyon Factory Racingの略で、ワールドクラスのレースバイクのために開発されたトップモデルの代名詞と言えるブランドです。Movistar、Arkea-Samsic、CANYON/SRAM Racing、Alpecin-Fenixなど、キャニオンファミリーは世界最高レベルの実力を持つ選手たちであり、また機材に対してそれに見合う厳しい基準を持っています。そこで最高のTTバイクを開発するために、彼らに意見を求めました。スピードマックスCFR TT Discは、キャニオンの努力の結果です。ライダーが生み出すすべてのパワーの最後の一滴までスピードに変換できるように精密に設計された、究極の目的のためのタイムトライアルマシンです。

スピードマックスCFR TT Discをテストする、モビスターチームのアネミック・ファン・フルーテン Copyright: Canyon

 

新型スピードマックスCFR のトライアスロンモデルとTTモデルの違い

UCIレギュレーションに適合する、新型スピードマックス CFR TT Disc Copyright: Canyon

全く新しいアームレストはスペーサーを使ってベストなポジションに調整可能で、現代のTTフィット調整の要件をすべて満たすように設計されています。またダイレクトセールスのキャニオンは、配送用のバイクガード梱包箱から出した時点でほぼ乗車可能な状態に組み上げられています。さらに、トライアスロンバージョンのスピードマックスとは2つの重要な違いがあります。まず、スピードマックスTT Discには、ヤン・フロデノ、ライオネル・サンダース、パトリック・ランゲなどのトップレベルのトライアスリートが過酷なロングディスタンスレースに挑む際に欠かせない、ツール収納や栄養補給のための機能がすべて取り除かれています。また、UCIレギュレーションに準拠したチューブ形状を新たに開発したことも、このモデルの特徴のひとつです。つまり、タイムトライアルに勝つために必要なものをすべて提供するという、たったひとつのシンプルな目標に向かって開発されたバイクなのです。それ以上でもそれ以下でもありません。

新型スピードマックスCFR TT Disc 完成車仕様

コンポーネントについては、すべてトップクラスのパーツが使用されています。ホイールはMovistarチームも採用するZipp。フロントには808 Firecrest、リアにはSuper 9 Discを採用。SRAM Red AXS eTapグループセットには、Vuka ShiftエクステンションとGPSコンピュータマウントが組み込まれています。さらに、ハイエンドのErgonアームパッド、Selle ItaliaのWattサドル、Seramic Speed製のビッグプーリーなど、さまざまなプレミアムディテールを採用しています。

しかし、Speedmax CFR TT Discの真のハイライトは、キャニオンのワールドクラスのエンジニアによる集中的な開発努力の結果であるフレームそのものにあります。わずか1030g*(Mサイズ)の軽量フレームと、500g*の軽量フォークが、驚異的な重量:剛性比を生み出しています。さらに、高度なエアロダイナミクスの最適化により、ディスクブレーキを採用したにもかかわらず、先代モデルと比較して2.7ワットの空気抵抗を削減しています。

スピードマックスCFR TT Disc

完成車平均重量(Mサイズ)8.4kg
価格 1,099,000円(送料・消費税別)

 

コンポーネント SRAM Red eTap AXS 12-speed、パワーメーター Quarq Spider、チェーンリング 50T
Ceramicspeed ビッグプーリー、10-28スプロケット

 

エクステンション Zipp Vuka Shift AXS 90
後輪 Zipp Super-9 Carbon Clincher Disc、タイヤ Continental Grand Prix 5000

 

前輪 Zipp 808 NSW DISC
サドル Selle Italia Watt Superflow Carbonio

SPEC

フレーム:R090 Speedmax CFR TT
フォーク: FK0079 Speedmax CFR TT
コックピット:HB0058 Speedmax CFR TT
ステム:V19 Stem, 65 mm
エクステンション: Zipp Vuka Shift AXS 90 (EX-AXS-Zipp-A1)
ブレーキ:SRAM Red eTap HRD Lever: S-900 Aero HRD
ホイール:Front: Zipp 808 NSW Disc, Rear: Zipp Super-9 Carbon Clincher Disc
リム幅: 19 mm inside, 26,4 mm outside
タイヤ:Continental Grand Prix 5000, 28 mm
ドライブトレイン: SRAM Red eTap AXS 12-speed
ギヤレシオ:50 × 10–28
パワーメーター: Quarq Spider
サドル: Selle Italia Watt Superflow Carbonio
シートポスト:SP0048 Speedmax CFR TT
カラー: Black
サイズ:S, M, L

ジオメトリー

 サイズ S M L
参考適正身長 IN CM < 175 175 – 185 > 185
サドル高 IN MM (A) 661 – 781 703 – 853 733 – 883
シートチューブ長 IN MM (B) 518 540 570
トップチューブ長 IN MM (C) 496 518 546
ヘッドチューブ長 IN MM (D) 65 91 126
ヘッド角 (E) 73° 73° 73°
シート角 (F) 80,5° 80,5° 80,5°
チェーンステー長 IN MM (G) 420 420 420
ホイールベース IN MM (H) 988 1.014 1.047
スタック IN MM (I) 472 496 530
リーチ IN MM (J) 417 435 458
スタンドオーバーハイト IN MM (K) 791 815 849
BB下がり IN MM (L) 72 72 72
アームパッドスタック IN MM (M) 544 – 624 569 – 649 603 – 683
アームパッドリーチ IN MM (N) 431 – 458 449 – 476 472 – 499

キャニオン公式ストア「スピードマックス CFR Disc TT」シリーズ詳細はこちら
https://www.canyon.com/ja-jp/road-bikes/triathlon-bikes/speedmax/speedmax-cfr-tt-disc/2776.html

 

表示価格について

ドイツから日本への配送料 ¥23,000 が別途かかります。またキャニオンの購入は、お客様がドイツ・キャニオン社から直接購入し、お客様が個人輸入される形態となります。日本の消費税をキャニオン社は領収しないため、表示価格には日本の消費税は含まれません。消費税額は輸入通関時に税関にて個別に決定されるため、事前に税額をご案内することはできません。なお、自転車の関税は無税となっております。消費税はお客様がご注文品を受け取る際、配達員の方へ現金にてお支払いいただきます。

 

キャニオン公式ストア
https://www.canyon.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load