BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フレームレス、アスリートのための新作アイウエア「オークリー ケイトー」登場|Oakley

「Oakley(オークリー)」から新製品が登場。スポーツパフォーマンスの限界をさらに押し上げるという明確なビジョンのもとデザインされた新作アイウエア「Oakley® Kato(オークリー ケイトー)」がラインナップに加わった。フレームがなく、アイマスクのように顔の輪郭に沿い絶妙にフィットするレンズスタイルのアイウエアだ。以下、プレスリリースより。

世界トップレベルのアスリートの意見を反映させた全く新しいアイウエア

オークリーは、1984年に発表したEyeshade(アイシェード)から、2000年シドニーで発表したOver The Top(オーバーザトップ)、2015年に発表したJawbreaker(ジョーブレーカー)まで、常に破壊的創造を続けてきました。次の一歩となるは、オークリー ケイトー。アイウェアデザインの革命を実現するため、フォルム、フィット感、機能の限界をさらに押し上げるアイウェアが生まれました。

今までにない、美しいデザインのアイウェアを生み出すためには、従来のアプローチを細部に至るまで大胆に見直す必要がありました。
型、使用する製造機械、レンズの接合方法まで、製造工程を一新することでイノベーションが生まれました。

開発の過程ではパトリック・マホームズ、マーク・キャヴェンディッシュ、ナイジェル・シルベスターやジョセフ・ニューガーデンなど世界トップレベルのチームオークリーのアスリートが試作段階のモデルを着用。耐久性とパフォーマンスのテストを重ね、従来のアイウェアとは別次元のオークリー ケイトーが誕生しました。

アスリートの意見を反映した最終デザインには、レンズの角度が上下3段階に調整可能な機能に加え、かつてないほど自然なフィット感を可能にする複数のノーズパッドが付属。

丈夫でありながら軽量なO-Matter™(オーマター)フレームが採用され、テンプルを覆う形状に成形されたイヤーソックが一日中快適なかけ心地を実現します。

オークリー ケイトーには、色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズテクノロジーが採用されています。

Oakley® Kato(オークリー ケイトー)

価格:43,010円(税込)
レンズ展開:PRIZM ROAD、PRIZM SAPPHIRE、PRIZM BLACK

PRIZM ROAD
PRIZM SAPPHIRE

PRIZM BLACK

 

カイオ・アマート(Caio Amato)コメント
(オークリーのグローバルブランドディレクター)

「人間の可能性を最大限引き出すという大きなテーマを日々考え続けていました。オークリーの歴史の中で、常に人々の想像を超える製品を発表し、実際に多くのアイデアを形にしてきました。オークリー ケイトーには、これまでのアイウェアの定義を変えるデザイン、すなわちスポーツアイウェアの新時代を切り拓くための革新的なデザインが採用されています。」

 

オークリー公式オンラインストア
https://www.oakley.com/ja-jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load