BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車業界初!コルナゴがC64をモチーフにしたNFT作品のオークションを実施|COLNAGO

COLNAGO(コルナゴ)本社が自転車業界初となるブロックチェーンを利用したNFT(非代替性トークン)作品のオークションを実施することを発表した。入札期間は5月11日~5月25日まで。オークションはNFTマーケットプレイスであるOpenSeaにおいて5,515ユーロから開始される。以下、プレスリリースより。

COLNAGOの歴史を物語る唯一無二のデザインに仕上げたC64 NFT作品

C64をモチーフにしたNFT作品はブロックチェーンを利用したNFTによって唯一無二のデザインとして公的に保証されることになり、落札者はそのデザインに対しての永久的に権利を独占できます。COLNAGOのマーケティングマネージャーであるManolo Bertocchi氏は「COLNAGOは67年の歴史があり、これまで自転車業界に多くの変革をもたらし、それが業界の主流となってきたが、今後NFT作品についても同様の変革を業界にもたらすことになるだろう。我々は初めてのカーボンフレームを創り出し、内装変速を導入したCONCEPT for Ferrariを開発してきた。これらの栄光ある歴史と今回の試みを祝し、C64デジタルアートを開発した。このデザインは決して現実世界のフレームとして複製されることはなく、あくまでもデジタルアートの世界だけのデザインである」と述べました。

2021年、NFT作品は世界的にも認知度が深まっています。ブロックチェーンの技術の発達によりスマートコントラクトやスマートペイメント、並びにサプライチェーンマネジメントなども飛躍的な進化を遂げつつあります。先月、比較的無名のデジタルアーティストであるBEEPLE氏の作品が6900万ドル(約75億円)の高値で落札されたことをご存知の方も多いかと思います。さらにグッチ社やフェラーリ社などの有名ブランドもブロックチェーンを利用したの作品を開発することを既に表明しています。

C64 NFTには1988年に発売された「CONCEPT for FERRARI」や1994年に発売された「C35クロノ」、そして昨年のツールドフランス優勝バイクであるタディ・ポガチャル選手が駆る「V3-RS」など8つのキーモデルの特徴が含まれています。

OpenSea詳細はこちら
https://opensea.io/accounts/colnago

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load