BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

トレイルから街まで、キャニオンの新型グラベルロード「グリズル」新登場|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から、新製品が登場。バイクパッキング、レース、日常的な遊び、通勤など、一台でグレイルよりもっと多様に、マルチに活躍できる第2のグラベルロード「グリズル」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

トレイルから街乗りまでこれ1台で何でもこなせるマルチなグラベルロード

ここ数年ポピュラーになってきた「グラベル」にまつわるさまざまな事柄については、多くのことが語られてきました。例えばその定義づけ、多彩なバイクの相互比較・・・まるで夜空の星空を見上げて、「それ」が何であるかを明らかにしようとするなものです。そうこうしているうちにグラベルは今や完全に独立したジャンルとなり、そしてこれからも、確実に存在し続けるでしょう。ロードサイクリストとマウンテンバイカーの両方に新たな体験をもたらし、サイクリングに興味を持ち始めたばかりの人にはサイクリングライフへの完璧な入り口をもたらし、その魅力と可能性は非常に広く、その成長は衰えることを知りません。

2018年、キャニオンは「グレイル」をリリースしました:キャニオンの大胆なイマジネーションを、グラベルという新しいライディングの世界に適用したバイクです。象徴的な美しさと革新性を備える二階建て構造のコクピットデザインで、そのインパクトは即座に、そして大きなものとなりました。しかし、その宣伝文句に見合うだけの中身がありました。軽量で、快適で、効率的で、とにかく速いグレイルは、ダートとアスファルトが混在するグラベルバイクのシーンにおいて、ハイパフォーマンスのベンチマークとなる高い走行性能を実現しました。

グレイルよりもより幅広く楽しめるグリズル

 

では、なぜグレイルに加えて、新たなグラベルロードバイクを発表するのか?それは簡単です。グラベルという遊びやレースには、さまざまなライダーが参加し、ライディングスタイルも様々、そして走るところも舗装路からグラベル、山岳まで千差万別。ゆえに、すべてを支配できるグラベルバイクは存在しないのです。マウンテンバイクシーンを見ればわかるでしょう、コースやライディングスタイルに適したバイクを選ぶことが重要なのです。だからこそ、キャニオンではグラベルを一つの製品としてではなく、世界全体として捉えています。舗装路で速く超軽量なオールロードバイクから、XCマウンテンバイクまで、グラベルライダーのニーズに応えるためには、あらゆる種類のバイクが必要だと考えています。キャニオンはそれを「グラベル・スペクトラム」と呼んでいます。

とはいえ、キャニオンが新たなグラベルロードバイクを開発したのは、「どうすればキャニオンのグラベル・スペクトラムをもっと拡張して、より多くのライダーのリクエストに応えることができるか」というシンプルな疑問に答えるためでした。キャニオンが導き出したアイデアの一つはモジュール化であり、ライダーがどのように乗りたいかに合わせてセットアップをカスタマイズできるようにすることでした。バイクパッキング、レース、日常的な遊びなど、一台のバイクでより多くの人に選択肢を提供したいと考えました。また、グラベルの世界では、ドロップハンドルのバイクに乗るライダーが、普通はマウンテンバイクでしか走れないように思われるテクニカルな地形にチャレンジする「アンダーバイキング」という新潮流が見出されていることにも注目しました。こういった背景があれば、グレイルを補完する第2のグラベルロードバイクを開発することを正当化できるのでしょうか?はい、それでキャニオンは開発に取り掛かったのです。

その結果が、北米に棲息する灰色熊(グリズリー)から名を得た「グリズル」の誕生です:何でもできる、どこにでも行ける、必要なものはすべて揃っている、そんなグラベルロードバイクの新解釈です。グリズルは、思い出に残るライドのためのすべてをカバーでき、タフなワンデイライドから1週間にわたるツーリング、そして毎日の通勤にも対応できます。キャニオンが鍛え上げてきた最先端・高性能バイクを開発するノウハウを注ぎ込み、タフなスイスアーミーナイフのような機能性をもたらします。荒れた地球の果てでも、都会のコンクリートジャングルでも、冒険的なライドのために必要な装備がすべて揃っています。

「グリズル」の開発コンセプト

・バイクパッキング、レース、日常的な遊び、通勤など、一台でグレイルよりもっと多様に、マルチに活躍できる
・モジュール化によって、ライダーがどのように乗りたいかに合わせてセットアップをカスタマイズできるようにする
・テクニカルな地形にチャレンジする「アンダーバイキング」を楽しめるよう、高い走破性を備える

何でもできる、どこにでも行ける、必要なものはすべて揃っている、新解釈のグラベルロードバイク

スタイルに合わせて選べる2クラスのフレーム展開

グリズルは、2クラスのフレームを展開します。コストパフォーマンスに優れるミドルクラスのグリズル CF SLと、950g(塗装済み、Mサイズ、スモールパーツを含む)の超軽量カーボンフレームを採用したプレミアムなCF SLXです。どちらもグレイルのために開発された、ハンドリング・反応性・長距離ライドでの快適性に秀でる、グラベルプロジオメトリーが採用されています。また、幅広い体格のライダーが優れた走行性能を得られるよう、7つのフレームサイズ(2XS~2XL)が用意。さらに、小柄なライダーのためにフィット感とハンドリングを最適化するため、2XSとXSには小径の650Bホイールを、それ以上のサイズには700Cホイールを採用しています。

グリズルのすべての完成車には45mm幅のチューブレスレディタイヤが標準装備されており、チューブレスレディホイールに装着されています(出荷時はチューブ入りのクリンチャー仕様。別売りのチューブレスバルブとシーラント液により、チューブレス化可能)。また、よりワイドでワイルドな走りを求めるライダーのために、最大タイヤ幅は50mmのクリアランスで設計されています。グリズルのフォークには左右両側にマウント(最大積載量片側3kg)、トップチューブマウント、そしてダウンチューブの下に3つ目のボトルケージマウント(CF SLモデルのみ)を装備し、ライダーが必要とするすべてのツール、スペア、衣類、水分や食料を積載することができます。

最大限の汎用性とオールラウンドな能力の名の下に、グリズルはキャニオンのグラベルバイクでは前例のない先進的なコンポーネントと機能の数々を詰め込んでいます。テクニカルなトレイルをより自信を持って走れるように、ドロッパーポストのリモートケーブルを内装できる、インターナルルーティングが可能。また、グリズルは1-byと2-byの両方に対応しており、Shimano GRXとCampagnolo Ekarの完成車が発売されます。

グリズルの特長

 

最先端の開発力を持つキャニオンならではの、走る・曲がる・止まる基本走行性能の高さと、軽さ、ライディングプレジャー

長時間爽快に走り続けられる、アップライトなジオメトリーと快適性。シートポストのしなりを引き出すフレーム一体型シートクランプ。

好みに合わせた拡張性に優れるハンドル/ステム別体型コクピット

トレイルも走破できる最大50mm幅のタイヤクリアランス。標準装備の45mmタイヤまで、専用マッドガードを装着可能。

フロントフォークマウントは最大積載量片側3kg

トップチューブマウント

ダウンチューブマウント

グリズル完成車ラインナップ

ミドルクラスの「Grizl CF SL」は219,000〜299,000円、ハイエンドクラスの「Grizl CF SLX」は499,000~509,000円の価格帯で販売されます。グリズルシリーズの全7モデルは、キャニオン公式ストアで5月11日より発売されます。

グリズル CF SL 6 / Shimano GRX400 / 9.8kg / 219,000円

グリズル CF SL 7 / Shimano GRX600 / 9.5kg / 249,000円

グリズル CF SL 7 WMN / Shimano GRX600 / 9.5kg / 249,000円

グリズル CF SL 8 1BY / Shimano GRX800 フロントシングル / 9.1kg / 299,000円

グリズル CF SL 8 / Shimano GRX800 / 9.3kg / 309,000円

グリズル CF SLX 8 1BY / Campagnolo Ekar / 8.6kg / 499,000円

グリズル CF SLX 8 Di2 / Shimano GRX815 Di2 / 8.7kg / 509,000円

アピデュラとコラボ!パックシリーズも同時発売

最後に、キャニオンはバイクパッキング業界最高の性能を備えるアピデュラと協力して、グリズルに合わせたパックのセットを作りました。アピデュラ×キャニオンパックシリーズは、グリズルと同様に冒険への準備とパフォーマンスを重視しています。アピデュラのレースシリーズやバックカントリーシリーズからインスピレーションを得たこのパックは、軽量で防水性に優れ、出勤前の1時間のサイクリングから200マイルのグラベルレースまで対応できる頑丈さを備えています。このコレクションは、キャニオン公式ストアとApidura.comでのみ販売されます。

「アピデュラ×キャニオン」パックシリーズ

ボルトオントップチューブパック1l 7,800円(写真)、フレームパック2.4l 13,300円(写真)、フレームパック4l 14,400円

サドルパック5l 18,800円

 

キャニオン公式サイト
https://www.canyon.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load