BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

LOOK・795 BLADE RS【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

気になる最新モデルを徹底的に掘り下げる自転車ジャーナリスト、ハシケンによる
100kmインプレッション連載。今月は、ルックの屋台骨を支えるエアロロード795ブレードRSの
最新モデルにフォーカス。そのテクノロジーからライドパフォーマンスまで全貌を明らかにする。

300g以上の軽量化を果たしたフレンチエアロロード

歴史的建築や遺産が残るフランス中央部のヌヴェールに本社を置く1951年創業のルック・サイクル・インターナショナル。同社が競技自転車にもたらした功績はあまりに有名だ。創業者ジャン・ベイル氏によるスキーのビンディングシステムの開発は、のちに自転車のビンディング機構を生み、1984年には「PP65」によって、ベルナール・イノーによるツール制覇の足元を支えた。

その後、時代に先駆けてカーボンフレームを手がけ、グレッグ・レモンがツールを制した同社初のフルカーボンフレーム「KG86」は、現代の競技自転車の始まりと言っても過言ではない。

このように、技術進化の歴史に名を刻んできたフレンチブランドは、現在エアロロードの795を筆頭に、山岳アルティテュードモデルの785、エンデュランスの765などがそろう。

なかでも本格的なエアロロードとして歩み出した795は、昨今のエアロロード全盛時代においても独自のテクノロジーを搭載し、その存在感を示してきた。この795が、2021モデルではシステム全体重量で300g以上の大幅な軽量化を実現。

今月は3年ぶりにモデルチェンジを果たした新型795ブレードRSのテクノロジーをひも解き、その性能を検証する。

 

TECHNOLOGY

すでに高次元のエアロロードとして確立された795ブレードRSが、
大幅な軽量化を果たしてモデルチェンジ。
アップデートされた新型に搭載される最新テクノロジーに迫る。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load