BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

トラック競技、梶原が金、脇本が銀でメダルラッシュ|トラックネイションズカップ香港

2021年5月13日から5月16日の4日間にわたり、中国・香港にて開催されている2021シーズン初となるUCIトラックネイションズカップ香港大会。

大会3日目となる5月15日、日本勢は男子ケイリン、男子マディソン、女子オムニアム、女子個人パーシュートに出場した。

女子オムニアムで金メダルを獲得したほか、男子ケイリンで銀メダル、男子マディソンでも銅メダルを獲得するなど、男女合わせて金メダル1個、銀メダル2個、銅メダル2個を獲得している。

女子オムニアムで梶原が金メダル。古山がパシュートで銀メダル

PHOTO:the cycling association of Hong Kong China

女子オムニアムでは、東京オリンピック内定選手の梶原悠未選手が昨日のエリミネ―ションに続いて金メダルを獲得した。さらに女子パシュートでは、古山稀絵選手が銀メダルを獲得している。

男子ケイリンで脇本が銀、新田祐大が銅

PHOTO:the cycling association of Hong Kong China

さらに男子ケイリンにおいて、東京オリンピック内定選手の2人が表彰台。脇本雄太選手(福井・94 期)が銀メダル、新田祐大選手(福島・90 期)が銅メダルを獲得した。

男子マディソンで日本初のメダル獲得

PHOTO:the cycling association of Hong Kong China

男子マディソンでは、東京オリンピック内定選手の橋本英也選手(岐阜・113 期)、今村駿介選手が UCI 国際大会で日本勢初のメダルとなる、銅メダルを獲得した。
※()内は競輪選手の登録府県及び期別を表記

リザルト 2021トラックネイションズカップ第2戦 3日め

女子個人パーシュート

1位  TSERAKH Hanna(ベラルーシ)

2位  古山 稀絵(東京 チーム楽天Kドリームス/日本体育大学大学院)

3位  SAVENKA Ina(ベラルーシ)

男子マディソン

1位  MALCHAREK Moritz(ドイツ)
REINHARDT Theo(ドイツ)

2位  MULLER Andreas(オーストリア)
GRAF Andreas(オーストリア)

3位  橋本 英也(岐阜 チームブリヂストンサイクリング/JPCU岐阜)今村 駿介(福岡 チームブリヂストンサイクリング)

男子ケイリン

1位 MOHD ZONIS Muhammad Fadhil(マレーシア)

2位 脇本 雄太(JPCA チームブリヂストンサイクリング/JPCU福井)

3位 新田 祐大(JPCA ドリームシーカーレーシングチーム/JPCU福島)

5位 山﨑 賢人(JPCA チーム楽天Kドリームス/JPCU長崎)

7位 松井 宏佑(JPCA チーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)

12位 小原 佑太(JPCA ドリームシーカーレーシングチーム/JPCU青森)

15位 中野 慎詞(岩手 ドリームシーカーレーシングチーム/早稲田大学/日本競輪選手養成所)

19位DNS 新山 響平(JPCA チームブリヂストンサイクリング/JPCU青森)

女子オムニアム

1位 梶原 悠未(茨城 筑波大学大学院)

2位 STENBERG Anita Yvonne(ノルウェー)

3位 EBERHARDT Verena

4位 鈴木 奈央(JPCA チーム楽天Kドリームス/JPCU静岡)

結果詳細はTISSOT TIMMING HPより
https://www.tissottiming.com/2021/ncii/en-us/default/pdf

選手コメント

女子オムニアム

PHOTO:JCF

梶原 悠未

世界チャンピオンにふさわしいレースがしたいと思って臨んだが、最初の1種目目では周りが仕掛けるのを気にしすぎて後手を踏んでしまうレースをしてしまって、

自分が本当に強い、レースを作っていくんだという走りができなかった。2種目目以降は自分で仕掛けるレースを心がけることができた。

マークされている展開だからこそ自分で積極的にレースを作っていけばより有利になるのだということを実感した。

今大会でたくさん課題を得られてよかった。まだまだレースを振り返ると反省点があるので、小さな失敗をもう一度修正して、

オリンピックまでに自分が一番強いんだ、という自信をもったレースを見せられるように日々の練習から意識していきたい。

男子ケイリン

左:脇本雄太 右:新田祐大 PHOTO:JCF

脇本雄太

決勝も自分らしいレースをですれば優勝できると思っていたが、同じ日本人ライバル同士意識していて、レース全体を見られなかった。

けん制に対して自分の反応が遅かった。コンディション自体は問題ないので、明日のスプリントに向けて頑張りたい。

 

新田祐大

決勝戦は脇本選手を注目しすぎてマレーシアの選手が逃げているのに気が付かなかった。1着を取るつもりできたので今回のメダルは悔しい。

オリンピックじゃなくてよかったし、本番はレベルが違うのでそこに向けて着々と準備していきたい。

男子マディソン

左:橋本英也 右:今井駿介 PHOTO:JCF

橋本英也

日本勢で(UCI国際大会では)初めてメダルを獲得できて本当に光栄。

マディソンの経験値が少ないので同じことをしていたら勝てないと思っていたので、他のチームがアタックしたときにラップを取れてよかった。

反対にすぐにラップを取りきらなかった部分は反省点でもう1つ上のメダル行けたかと思うが、最低限のメダル獲得ということができた。

これまでの経験もあるので、もう少しコミュニケーションをとって若い選手に自分の経験を伝えていければと思う。

今村駿介

チーム参加数が少なかったのでどういう展開になるかわからなかったが、メダルを狙いたいと思って走った。

初めに逃げを容認してもらったときにすぐにラップをとりにいけばよかった点は反省。ただそういった機会が今までなかったのでいい経験になった。

次は余裕もって走れるようにトレーニングしていきたい。

 

大会情報

派遣場所:中国(香港)
大会期間:2021年5月13日(木)~2021年5月16日(日)
大会派遣期間:2021年5月9日(日)~2021年5月18日(火)
大会公式ホームページ

エリート選手(20名)

新田祐大(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU福島)
脇本雄太(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU福井)
深谷知広(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU静岡)
中野慎詞(岩手ドリームシーカーレーシングチーム/日本競輪選手養成所)
山﨑賢人(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU長崎)
松井宏佑(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)
小原佑太(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU青森)
新山響平(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU青森)
小林優香(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU福岡)
太田りゆ(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU埼玉)
梅川風子(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU東京)
佐藤水菜(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)
橋本英也(岐阜チームブリヂストンサイクリング/JPCU岐阜)
今村駿介(福岡チームブリヂストンサイクリング)
窪木一茂(福島チームブリヂストンサイクリング/JPCU福島)
兒島直樹(福岡チームブリヂストンサイクリング/日本大学)
梶原悠未(茨城筑波大学大学院)中村妃智(千葉株式会社JPF)
古山稀絵(東京チーム楽天Kドリームス/日本体育大学大学院)
鈴木奈央(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU静岡)

JCF
https://jcf.or.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load