BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

5万円台のクロスバイク!佐渡島1周210km走破も目指せる「RAIL ACTIVE」新登場|KhodaaBloom

「KhodaaBloom(コーダーブルーム)」から新製品が登場。スポーツバイクを通じたフィットネスやシェイプアップをサポートし、新潟県・佐渡島を 1 周するサイクリングイベント「佐渡ロングライド」210km走破も目指せる 5万円台のクロスバイク「RAIL ACTIVE (レイル アクティブ)」が新たに発売される。以下、プレスリリースより。

RAIL210 チャレンジのための特別色「トキオレンジ」210台限定で登場

RAIL ACTIVE のコンセプトは「ライフスタイルスポーツ」。アクティブに運動したい方のフィットネスやシェイプアップなど、目標達成のために必要な軽量性と快適性を極めました。フレーム重量は1,350g とロードバイク並みの軽量さで、完成車重量は 9.9kg。この軽さは、例えるなら普段履きからランニングシューズに履き替えた脚の軽さのような感覚です。太めでしなやかなタイヤや十分なクッションが入ったサドルは、初めての人が直感的に感じる快適性を提供します。さらに総額 5,000 円相当の高輝度ライト・ベル・スタンドを標準装備していることで、スポーツ性能だけではなく普段の使いやすさにも配慮しています。

RAIL ACTIVE は 1 日で新潟県・佐渡島を 1 周する日本最大級のサイクリングイベント「佐渡ロングライド」210km 完走も見据えて開発されました。通勤・通学用途でクロスバイクを選ぶ方が増えていますが、せっかくのスポーツバイクをそのためだけに使うのは少しもったいないと感じています。より多くの方にスポーツとして自転車に乗る楽しさや魅力をお伝えするために、一見クレイジーとも思える「RAIL 210 チャレンジ」を企画しました。誰にでも挑戦する権利がありクロスバイクで本格的なサイクリングができることを、チャレンジを通じて示してまいります。

カラー展開は全 4 色となっており、RAIL210 チャレンジのための特別色「トキオレンジ」は新潟県の「県の鳥」である朱鷺が翼を広げた時に現れる朱色からアイディアを得たものです。トキオレンジは210 台限定生産となっています。そのほかの 3 色はアクティブなライフスタイルを彩るスポーツウェアからフレームデザインに落とし込みました。

RAIL ACTIVE (レイル アクティブ)

希望小売価格:57,200円(税込)
サイズ/適応身長:400mm(155-170cm) 440mm(165-180cm) 480mm(170-190cm)
カラー:トキオレンジ(210 台限定)、ダークブルー、ソリッドグレー、ネオンイエロー
重量:9.9kg(480mm)
付属品:ペダル、高輝度ライト、キックスタンド、ベル、リフレクター
取扱店舗:全国の KhodaaBloom ディーラー
https://khodaa-bloom.com/bikes/rail/rail_active/

トキオレンジ(210 台限定)
「RAIL 210 チャレンジ」マスコットキャラクターさーどくん(トキオレンジ限定)
太めの32CながらしなやかなMAXXIS DETONATOR タイヤ
初めての人をサポートするデジタルコンテンツを QR コードで提供
十分なクッションが入ったサドルフロントダブルクランク
効きの良いシマノ DEORE グレード
V ブレーキ

カラー展開

ダークブルー

 

ソリッドグレー

 

ネオンイエロー

 

KhodaaBloom公式サイト
https://khodaa-bloom.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load