BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ストラバに仲間と繋がる新機能「グループチャレンジ」が登場、マップも刷新|Strava

「Strava(ストラバ)」に新機能が登場。アスリートが小規模グループ単位で仲間とのモチベーションとなるチャレンジを作成できる『グループチャレンジ』機能の提供と、ランニング・ライドに新たなインスピレーションを与える『マップ』機能の刷新を発表した。以下、プレスリリースより。

アスリート同士が仲間とバーチャルで繋がり競う
新機能『グループチャレンジ』

コロナ禍で大会やレースが引き続き延期・中止となり、多くの人が集まり一緒の場でアクティビティを行うことが難しいなか、Stravaはコミュニティが繋がり、ランやサイクルをはじめとするアクティビティに取り組むすべてのアスリートのモチベーションを創り出す新機能やアップデートを行っています。

今回発表する内容は、サブスクリプション機能へ新たな価値を追加するだけでなく、Stravaを利用するアスリートが仲間やコミュニティとバーチャルに繋がり、競争することで、自己ベストの更新やモチベーション創出の機会提供を目指します。
また、Stravaのデータの分析から、チャレンジに参加したアスリートは、チャレンジに参加しなかったアスリートよりも1ヶ月あたりの移動時間が約2.5倍多いことや、2020年9月にチャレンジに参加したアスリートの72%は、6か月後もアクティブにログを残しているという結果が分かり、チャレンジへの参加はアスリートのモチベーション創出に大きく寄与していることが明らかになっています。

日本のコミュニティトレンド

・ランニングセグメント作成件数:55%増
・Stravaクラブ作成件数:39%増
・Stravaクラブ参加者数:84%増
・Stravaチャレンジ参加者数:40%増
*対象期間:2019年4月~2020年3月 vs 2020年4月~2021年3月

「グローバルランニングデイ」(6月2日)に合わせたStrava上のランニングに関するデータ

日本

・最も走られた日:2020年5月17日
・最も走られた曜日と時間帯:日曜 午前9時
・ログのアップロード率:30%増
*対象期間:2020年3月~2021年4月

グローバル

・最も走られた日:2021年3月9日
・最も走られた曜日と時間帯:火曜 午前6時
・ログのアップロード率:86%増(2020年2月~2021年4月)
*対象期間:2020年3月~2021年4月

 

今回の発表にあたりStrava 最高製品・エクスペリエンス責任者(CPXO)のメーガン・ラフィーは以下のようにコメントしています。

「今回発表する『グループチャレンジ』は、世界中のコミュニティから最も要望の多かった機能の1つです。人をアクティブにするのは人であり、チャレンジに参加するアスリートは、参加しないアスリートと比べ2倍以上アクティブなことが分かっています。グループチャレンジの活用により、今後アスリートたちは自らの手で、仲間と競い合う機会を生み出すことが可能になります。また、一新した『マップ』エクスペリエンスにセグメントやルートの人気機能をまとめ、シンプルにすることで、アクティビティをしたくなるような場所をより多く発見できるようにしました」

今回発表の内容について

グループチャレンジ機能

これまではStravaが公式に開催するチャレンジへの参加のみ可能であったチャレンジ機能が、アスリート自身で設定し、コミュニティで競うことができる新機能として追加されました。モバイルアプリの「グループ」タブから作成することができ、アクティビティの距離、スピード、獲得標高など
3つの「グループチャレンジ」の種類から選択して設定し、自分をフォローしているアスリートの中から24人まで招待が可能です。参加しているチャレンジの進捗には「全員」、もしくは「フォロワー」に公開しているアクティビティが反映され、グループチャレンジの参加者のみが閲覧可能です。
本機能はサブスクリプション機能となりますが、無料版を利用するアスリートも3回までチャレンジの作成、もしくはチャレンジへの参加が可能です。

3つのチャレンジの種類から選択

最高記録:チャレンジ期間中に、累計の距離/移動時間/獲得標高の最高記録をめざします。
最速エフォート:設定された距離で最速タイムを競います。対象スポーツタイプはランニング、バーチャルラン、車いすの3種目のみ。
最長シングルアクティビティ:1回のアクティビティの最長距離の記録を競います。

『マップ』機能も刷新、よりパーソナライズされたセグメント提案が可能に

今年3月のメニュー画面のデザイン変更により追加された『マップ』では、「セグメント」と「ルート」に関する情報が1つの場所に集約され、『マップ』に関するすべてのアクティビティがより見やすくなりました。

また、今回の発表により、アスリートがランニングやライドを計画するのに役立つセグメントの提案が6つのテーマに分類され、アスリートはそれぞれのロケーションにて、よりパーソナライズされたテーマからセグメントを探すことが可能になります。
本機能はサブスクリプション機能となり、無料版を利用するアスリートは周辺エリアの人気セグメント、および「保存済み」タブ内のセグメントリストの閲覧が可能となります。

セグメントで表示される6つのテーマ

人気スポットを訪問:近隣で人気の道やトレイルを提案
新スポットを開拓:まだ試していない人気のセグメントを提案
自己新記録に挑戦:過去のアクティビティ記録をもとに、PRを更新できそうなセグメントを提案(下りのライドセグメントは除外されます)
リーダーボード:過去のアクティビティ記録をもとに、リーダーボードのTOP10を狙えそうなセグメントを提案(下りのライドセグメントは除外されます)
ワークアウトを開始:インターバルやラップなどのトレーニングのアクティビティが多く記録されているセグメントを提案
Legendになる: 過去のアクティビティ記録をもとに、Local Legendが狙えそうなセグメントを提案

今回リリースする新機能についての詳細はこちらをチェックしよう。
https://www.strava.com/biggest-app-update-2021

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load