BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

LAPIERRE・AIRCODE Series【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

2014年に誕生したラピエール初のエアロロードは、今作で第3世代へと進化。
空力性能の向上とともに、数々の変化を遂げてきたエアコードの変遷を振り返る。

OLD VS NEW 新旧比較

空力性能向上を主眼にスプリンターの要望をくむ

ラピエール初のエアロロードとして誕生したエアコードの初代モデルは2014年にデビュー。空力に優れるカムテール形状をベースにしつつも、複雑な造形を特徴とした。ブレーキはダイレクトマウント式で、ストレートタイプのブレードフォークを採用。前年に発表のTTバイク「エアロストーム」の空力技術を生かし開発された。

年々、カーボン積層をブラッシュアップするなど、初代モデルから剛性レベルは維持しつつ軽量化も推進。2016モデルではフレーム重量を90g軽量化し、およそ960gを達成。モデル名も「エアコードSL」へと変更。使用するカーボンには前作より品質を高めた3種類のカーボンを採用。最上位モデルのアルティメットモデルでは40tカーボンを配して、860gの軽さを実現した。

フレーム設計に大幅な変更が施された第2世代のデビューは2017年(2 018モデル)。シート集合部とヘッドチューブエリアのインテグレーションを実施。空力性能を向上。時速50km走行で5〜10Wのパワーセーブを達成。

そして今作の第3世代ではDRSと名付けられ、ディスクブレーキ専用設計ならではのさらなる空力性能の向上を果たしている。

2014年 AIRCODE

デビューイヤーのデビューレースとなったジロで、スプリンターのナセル・ブアニのジロ区間勝利。その後のツール・ド・フランスでは、エースのティボー・ピノの総合表彰台と新人賞獲得に貢献するなど、華々しくデビュー。チームモデルは、赤白青に彩られたデザインでプロトンの中でも目を引いた

2018年 AIRCODE SL

フランスナショナルチャンピオンでFDJのスプリンターであるアルノー・デマールは、フランス選手権で初代モデルに続き第2世代でも勝利。シート集合部はリアホイールとのすきまを埋めるような形状が特徴だった。またヘッドとフォークとのインテグレーションが進み、エラストマー入りの専用シートポストが採用された

2021年 AIRCODE DRS

第2世代をベースとしたディスクブレーキは前年に登場したものの、第3世代としては初のディスクブレーキとなるエアコードDRS。2020年フランス選手権では、デマールが3度めの勝利。リーチを長く設計する「フォワードジオメトリー」を新たに採用するなど、スプリンターの要望をくみながら熟成を重ねている

OTHER MODEL
LAPIERRE/XELIUS SL DISC

ラピエールのオールラウンドモデルであるゼリウスは、グルパマFDJの主戦機として山岳ステージを中心に
数々の戦績をあげてきた名機だ。エアコードと双璧をなすもうひとつのレーシングモデルをインプレッション。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load