BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

イタリアのシューズブランド「SIDI」アキボウにて7月1日より取り扱いスタート

株式会社アキボウが、イタリアのシューズブランド、SIDI SPORTSと国内総代理店の契約を締結した。
SIDIは60年以上の長い伝統と、高い技術を持つイタリアンブランドで欧州トッププロ選手も数多く使用している。最近では2021年のジロ・デ・イタリアで総合優勝を果たしたエガン・ベルナルや、同じくジロで果敢な逃げを見せたダビデ・フォルモロ、最後まで総合優勝争いを行ったサイモン・イエ—ツ、新たにイタリア・ロードレースチャンピオンに輝いたソニー・コルブレッリなどが使用している。また、今でもほとんどの製品をイタリアの自社工場にて生産。品質に対しても強いこだわりを持っているブランドだ。以下、プレスリリースより国内総代理店契約締結に関する案内文を紹介する。

イタリア本社からのアキボウ国内総代理店契約締結に関する案内文

サイクリング業界の中で最もアイコニックなシューズブランドの1つであるSidiは、日本市場の唯一の輸入販売代理店として株式会社アキボウとの契約を締結しました。

Sidiは“革新・情熱・パフォーマンス”という信念に基づいて、年月を経ても使われ続ける製品を供給し続けています。生産の大半はイタリアで行われており、製品の品質ではどこにも劣ることはないという自負があります。

興奮を更に高めてくれた事柄として、Sidiシューズを着用するエガン・ベルナルが先日のジロ・デ・イタリアで総合優勝しました。また、Sidiはジロ出場者のうち25人以上のスポンサーアスリートを抱えていますが、それ以外にも他のシューズブランドを使用できるにもかかわらず、より多くの選手が個人的に好んでシディを選択していたことも合わせてお伝えしたいと思います。

Sidiのセールスマネージャー、アレッサンドラ・コーヴル氏コメント

『我々は株式会社アキボウの成長を評価しており、彼らの取り扱うプレミアムブランドを通しての強い存在感は私たちのそれと完全に合致するものでした。彼らのSidiブランドに対する献身と投資によって、弊社が最も敬意を示す有力市場の1つである日本において、その存在価値と認知度をより強固なものにしてくれると信じております。』

株式会社アキボウ代表取締役社長、西木氏コメント

「60年以上の長きにわたりサイクリングシューズ業界の雄として君臨してきたSIDI製品を日本市場での総代理店として取扱いを開始させていただくことを大変光栄に思います。偉大なる創業者であるディーノ・シニョーリ氏の絶えまない情熱と妥協を許さないクラフトマンシップにより作り上げられた世界最高峰のサイクリングシューズを、弊社の強みである販売ネットワークとマーケティング力を最大限に駆使し、出来るだけ多くのサイクリストの皆様にお届けしていきたいと思います。」

 

問:アキボウ
https://www.758sessions.com (SIDIのブランドページは後日、公開予定)

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load