BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「サイクリングしまなみ2022」の開催決定!エントリーは来年4~5月頃を予定

瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」の開催が、来年2022年10月30日に決定した。同イベントはしまなみ海道の景観をサイクリングで楽しむファンライドイベント。エントリーは2022年4~5月頃開始予定だ。以下、プレスリリースより。

ナショナルサイクルルート認定、しまなみ海道を満喫できるライドイベント

広島県と愛媛県を結ぶ西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)は、温暖な気候、多島美の自然や架橋による魅力的な景観とともに、各橋に自転車歩行者道が併設されるなど、サイクリング愛好者の多くが認める日本屈指のサイクリングの適地である。
これまで、しまなみ海道沿線では、サイクリングロードの整備、ルール・マナーの普及啓発など、地域一体となって“サイクリストの聖地=しまなみ海道”の魅力を磨いてきたところであり、2014 年から、日本では唯一、供用中の高速道路本線を規制して行うサイクリング大会を開催し、国内外に魅力を発信しており、2019 年 11 月には、しまなみ海道サイクリングロードが「ナショナルサイクルルート」として国から指定を受け、日本を代表し世界に誇れるコースにまで成長した。
2020 年は、残念ながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により大会を開催できなかったが、2022 年に、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえつつ、大規模での国際サイクリング大会を開催することにより、改めて世界における“サイクリストの聖地=しまなみ海道”を情報発信することで存在感を示し、しまなみ海道エリアの交流人口の更なる拡大等を通じた地域の振興・活性化を図る。

瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会
「サイクリングしまなみ2022」

開催日程:〔受付〕2022年10月29日(土)〔大会〕2022年10月30日(日)
参加定員:7,000名程度を想定
スタイル:レースではなく、サイクリングを楽しむファンライド
エントリー:2022年4~5月頃開始予定

コース

・A 尾道(向島)⇒今治 〈片道70km〉/ 1,000名程度
・B 尾道(向島)⇔生口島 〈往復70km〉/ 300名程度
・C 今治⇔大三島 〈往復100km〉/1,200名程度
・D 今治⇔尾道 〈往復140km〉/ 500名程度
・E 今治⇒尾道 〈片道70km〉/ 1,500名程度
・F 今治⇔生口島 〈往復100km〉/ 1,000名程度
・G 今治⇒上島 〈片道70km〉/ 500名程度
・H 今治⇔大島 〈往復30km〉/ 1,000名程度

詳細は公式サイトをチェックしよう。
https://cycling-shimanami.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load