BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【速報】リチャル・カラパスが金メダル! 新城35位、増田84位で完走|東京五輪男子ロードレース

723日に正式開幕した東京2020五輪。24日には大会全体で最初の決勝種目として自転車競技・男子ロードレースが行われ、リチャル・カラパス(エクアドル)が最後の5.8kmを独走して金メダルを獲得。自身初となる五輪メダルを手にすることとなった。

24日から五輪では自転車競技がスタート。その皮切りとなった男子ロードレース。東京都府中市・武蔵の森公園をスタートし、静岡県小山町・富士スピードウェイにフィニッシュする244km(うち10kmがパレード走行)のレース。序盤に逃げた8人が最大で約20分のリードを得たが、レース半ばからメイン集団がペースアップすると、残り50kmを切ったタイミングでレースはふりだしに。勝負どころを見られたレース後半の三国峠から本格的なアタック合戦が始まると、集団は有力選手だけに絞られていく。

先頭が13人となり、残り25kmでブランドン・マクナルティ(アメリカ)がアタック。これにカラパスが続くと、そのまま2人逃げの態勢へ。ワウト・ファンアールト(ベルギー)やタデイ・ポガチャル(スロベニア)が入ったグループとの差を一時は45秒まで広げる。残り10kmを切って後続が猛追し15秒差まで縮めたところで、カラパスが渾身のアタック。

残り5.8kmからフィニッシュまでを独走で駆け抜けたカラパスは、牽制状態になった後続に対して最終的に17秒差をつけて逃げ切り。金メダル獲得を決めた。

イネオス・グレナディアーズ所属のカラパスは、チームのエースとして走ったツール・ド・フランスで個人総合3位。ジロ・デ・イタリア制覇やブエルタ・ア・エスパーニャ個人総合2位などの経験もあり、グランツールレーサーとして近年は活躍している。今大会も有力視されていたが、期待に違わない快走で勝利してみせた。

2位争いはファンアールトがスプリントで制して銀メダル、写真判定でポガチャルが銅メダルに決まった。

日本勢は、レース後半までメイン集団で走った新城幸也が35位、増田成幸が84位とともに完走となった。

※訂正 公式リザルトで増田成幸選手は完走となりました

リザルト 東京五輪男子ロードレース(234km)

1 リチャル・カラパス(エクアドル)6:05’26”
2 ワウト・ファンアールト(ベルギー)+1’07”
3 タデイ・ポガチャル(スロベニア)ST
35 新城幸也(日本)+10’12”
84 増田成幸(日本)+19’50”

東京五輪の詳細はこちらから↓

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

2020年07月18日

東京五輪女子ロードレース 7月25日13:00スタート予定

Twitterライブ12:30頃~を予定

 

SHARE

PROFILE

福光俊介

福光俊介

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

サイクルジャーナリスト。サイクルロードレースの取材・執筆においては、ツール・ド・フランスをはじめ、本場ヨーロッパ、アジア、そして日本のレースまで網羅する稀有な存在。得意なのはレースレポートや戦評・分析。過去に育児情報誌の編集長を務めた経験から、「読み手に親切でいられるか」をテーマにライター活動を行う。国内プロチーム「キナンサイクリングチーム」メディアオフィサー。国際自転車ジャーナリスト協会会員。

福光俊介の記事一覧

No more pages to load