BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

東京五輪BMXレーシングの見どころ、畠山と長迫が参戦。29日10時からスタート

7月29-30日の2日間、有明アーバンスポーツパーク(東京都江東区)で行われるBMXレーシング。男女とも24名の選手によって争われる。初日は準々決勝が行われ、6名ずつ4ヒートに分かれ、それぞれ3レースを行い上位4名、合計16名が準決勝に進出する。二日目は準決勝が8名ずつの2ヒートをそれぞれ3レース走った上位4名が決勝に進出。8名で行われる決勝は1レースのみでメダリストが決まる。

8メートルの高さのスタートヒルから横一線でスタートし、ジャンプやコーナーを高速でクリアするレースは迫力満点だ。メダル獲得のためにはテクニック面はもちろんのこと、スタートやコーナーの立ち上がりでのスプリント能力のほか、今回のコースが前回大会までと異なり、長めに設定されているため持久力的な要素も求められる。

男子
連覇を狙うコナー・フィールズ
日本からは長迫吉拓が参戦

PHOTO:猪俣健一

男子で注目の海外勢は、前回リオデジャネイロ五輪金メダルのコナー・フィールズ(アメリカ)が五輪2連覇を狙う。フランス勢では、現在のUCIランキングトップで2018年世界チャンピオンのシルバイン・アンドレや、2011、2016年世界王者のヨリス・ドデー、さらに、この有明アーバンスポーツパークで行われたテストイベントで優勝したロメイン・マヒューなど実力者が揃う。同じくBMXの強豪国であるオランダ勢も強さを発揮するだろう。直近の2019年世界チャンピオンのトワン・ファン ヘントに加えて、2015年の世界王者で2020年のワールドカップで2勝を挙げているニーク・キンマンにも注目だ。

PHOTO:日本自転車競技連盟(Japan Cycling Federation)

そして日本からはリオデジャネイロ五輪から2大会連続で長迫吉拓が出場する。2020年のワールドカップ第1戦で6位に入り、自身のベストリザルトを更新。決勝に進出すればすべてのライダーにチャンスがあるだけにメダル獲得の期待がかかる。今大会をBMXレースキャリアの集大成と位置づけており、思いも熱いものがある。

女子
3連覇を狙うマリアナ・パフォン
日本からは畠山紗英が参戦

PHOTO:日本自転車競技連盟(Japan Cycling Federation)

女子はロンドン、リオデジャネイロと2連覇しているマリアナ・パフォン(コロンビア)が大会3連覇を目指す。2019年の世界選手権を制しているアメリカのアリス・ウィロビーも優勝候補だ。テストイベントでアリス・ウィロビーに競り勝ち、優勝を飾ったオーストラリア代表の榊原爽にも注目だ、母親が日本人でジュニアの年齢になる前は日本チームでBMXワールドチャレンジ(年齢別世界選手権に)出場していただけに、日本開催への思いも強い。一緒に東京オリンピックを目指していた兄の榊原魁が、昨年のワールドカップで転倒して頭部に重傷を追ってしまったことで、本大会は兄の思いも背負って走る。

PHOTO:日本自転車競技連盟(Japan Cycling Federation)

そして日本から出場する畠山紗英は、今季のワールドカップ第1戦で日本人として初めて3位表彰台を獲得したメダル候補だ。優れていたスキル面と合わせて、スイス・エイグルのワールドトレーニングセンターを拠点としたトレーニングにより、フィジカル面にも磨きをかけた。初めてのオリンピックだが、プレッシャーのかかるレースは幼少期から何度も体験し、ワールドチャレンジで3度の優勝を達成しているだけに、思う存分実力を発揮してくれるだろう。余談ではあるが畠山紗英と榊原爽は同世代で、2008年から2015年までのワールドチャレンジでは2人で優勝を争い日本チームとして8年間に渡り同一世代連覇を達成している。

女子・畠山紗英(左)、男子・長迫吉拓

女子、畠山紗英(日本体育大学)は29日準々決勝第4ヒート(11:45~)。男子、長迫吉拓(株式会社JPF)は29日の予選準々決勝第1ヒート(10:00~)からレースがはじまる

BMXレーシング日程

7月29日(木)10:00〜12:00

・男子準々決勝
・女子準々決勝

7月30日(金)10:00〜12:20

・男子準決勝
・女子準決勝
・男子決勝
・女子決勝
※無観客開催

放送予定

7月29日 男子・女子準々決勝

14:30〜15:45 NHK Eテレ 録画
9:55~12:03 gorin.jp ライブ配信

7月30日 男子・女子準決勝/決勝

9:55〜12:20 NHK BS1 生放送
22:00〜23:00 NHK Eテレ 録画

※予告なく変更される可能性があります。各放送局の最新情報を確認ください

男子競技対戦表 Competition Bracket(MEN)

女子子競技対戦表 Competition Bracket(WOMEN)

東京五輪の詳細はこちらから↓

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

TOKYO2020の2021年新スケジュール決定、自転車競技は7月24日のロードからスタート

2020年07月18日

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load