BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ史上で初めてスタート地点となったブルゴス、連日活躍の「ブルゴスBH」

8月14日から開催した2021年のブエルタ・ア・エスパーニャ。初日の個人タイムトライアルのステージから第3ステージまでは、スペイン北部のブルゴス周辺がレースの舞台となった。この記事では、ブエルタの最初の3日間のレースの様子を、スペイン在住の對馬由佳理がお送りする。

世界遺産のブルゴス大聖堂、観客の戻ったブエルタ・ア・エスパーニャ

世界遺産のサンタ・マリア・デ・ブルゴス大聖堂を舞台におこなわれた第1ステージの表彰式 PHHOTO:Charly López

今年は例年通り8月から開催されたブエルタ・ア・エスパーニャ。

最初の数日のニュースの一つは、レースに観客の姿が戻ったことであった。昨年はスタート・ゴール地点とも観客の出入りは禁止されており、同時に3週間のレースを彩るスポンサーのキャラバンなども、その姿を見せることはなかった。しかし、今年はスタート・ゴール地点とも観客を入れて開催され、キャラバンがレース前に走り、ブエルタのオフィシャルグッズ販売店なども営業ができるようになった。このことからは、一見2年前までのブエルタに状況が戻ったように見える。

とはいえ、細かい点を見ると、新型コロナウイルスによる変化は存在する。

まず、スタート・ゴール地点とも観客を入れてはいるが、観客にはマスク着用が義務付けられている上に、選手と観客を遮るフェンスから最低でも1mほど離れた状態で、選手に声援を送ることになる。また、観客がこのルールを守っているかどうかは、国家警察の警察官がしっかりと監視している。また、ゴール地点には招待客用のVIPゾーンが設けられているものの、このVIPゾーンでは椅子に座っての観戦が義務付けられている。

もちろん、観客が選手にサインや写真を頼むことは禁止されており、チームバスの駐車場に近づくことも許されてはいない。また、ブエルタの公式Instagramでは、会場に観戦に来るファンに対してマスクの着用やソーシャルディスタンスの確保を依頼する動画が公開されている

https://www.instagram.com/p/CSjTCVwjBlj/?utm_source=ig_web_copy_link

第2ステージのゴール前にも、たくさんの観客の姿が。撮影:對馬由佳理

このように様々な制約があるものの、ゴール後の表彰式では観客が拍手を送ることができるようになったことを見ると、ブエルタのオーガナーザー側も観客側も、新型コロナウイルス対策への対応に慣れてきたことが分かる。

スタート地点となった、地元チームのブルゴスBHの奮闘

ブルゴスBHのチームプレゼンテーション。撮影 :Photogomez Sport

様々な変化を経たものの、沿道に観客の姿が戻ったブエルタ・ア・エスパーニャ。このことを最も喜んでいたのが、ブルゴスを拠点とするプロチームのブルゴスBHである。

じつはブエルタがブルゴスからスタートするのは、76回の歴史の中で初めてのこと。毎年ブエルタ・ア・ブルゴスという真夏の名物レースが開催されているにもかかわらず、意外にも、この地はブエルタ・ア・エスパーニャのスタート地点になったのは、今年が初めてであった。

個人TTのレース前、ウォーミングアップ中のマドラソ。撮影:對馬由佳理

ブルゴスBHの中心選手で同チームのムードメーカー役も兼任する立場のアンヘル・マドラソは、第2ステージのスタートを前に「ブルゴスBHの選手として、ブエルタ・ア・エスパーニャをこの街からスタートできるのは本当に嬉しいです。でも、同時に地元チームとしての責任も感じています。ブルゴス地方の関係機関の方々には、チームの応援だけではなく、毎年ブエルタ・ア・ブルゴスの開催にもご尽力頂いています。その上今年はブエルタ・ア・エスパーニャのスタート地点にもなって頂いて、本当に感謝しています」と話した。

第2ステージで逃げたディエゴ・ルビオ PHOTO:Luis Angel Gomez / Photogomezsport

8月14日の第1ステージの個人タイムトライアルは、今年ブルゴスBHでプロデビューした、ペラヨ・サンチェスが第1走者。一番最初に観客の大歓声を受けて、走り出すことになった。そして、第2ステージでは、チーム1の長身ディエゴ・ルビオが逃げ集団に入り、一旦メイン集団に吸収されるも、レース終盤で再度飛び出し、レースを盛り上げた。

アンヘル・マドラソ Luis Angel Gomez / Photogomezsport

また、ブエルタ最初の山岳ステージとなった第3ステージでは、前半はイェツセ・ボルが先頭集団で逃げ続けた後に、勝負どころのピコン・ブランコでオスカル・カベドがメイン集団の先頭に立つ瞬間も見られた。

総監督のフリオ・イスキエルド氏が「どんなときでも前に出ていく攻撃性が、このチームの最大の武器だから」と話すほどの積極性が持ち味のブルゴスBH。

今年のシーズン途中からこのチームに合流した大ベテランのダニー・ナバロもこのチームのレース哲学を理解し、移籍後はレースで積極的に先頭集団に加わる姿を見せている。
その積極性でワールド・ツアーのチームを脅かす存在になるか、ブルゴスBHの動きがこのブエルタで注目されている。

【保存版】ブエルタ・ア・エスパーニャ2021スタートリスト&コースプレビュー

【保存版】ブエルタ・ア・エスパーニャ2021スタートリスト&コースプレビュー

2021年08月13日

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load