BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

インカレロード石上夢乃が初制覇!女子の大学対抗でも鹿屋体育大学が逆転総合優勝!

8月13日から8月22日にかけて日本学生自転車競技連盟主催で文部科学大臣杯第76回全日本大学対抗選手権自転車競技大会(以下、インカレ)が開催。
8月21日から22日にかけては群馬県の群馬サイクルスポーツセンター(以下、群馬CSC)で男女の個人ロードレースを実施、ロード初日の8月21日には女子の個人ロードレースが開催され石上夢乃(鹿屋体育大学)がスプリントで勝利し、インカレロード初優勝を飾った。

好天に恵まれた群馬CSCの中スタートした女子ロード

 

レース前日の予報では雨が予想された群馬CSC。試走時間には雨が多少パラつく瞬間があったものの、スタート前には雨も上がり、レース中は強い日差しと共に気温もかなり上昇。先週開催されたトラックレースとは正反対の天候の中のレースとなった。

前半は順天堂大学の牧田がレースを引っ張る

女子個人ロードレースは1周6kmのコースを17周する、合計102kmで開催。

2周目までは有力選手同士が様子を伺うかのように先行する選手が現れないが、3周目に牧田咲子(順天堂大学)がメイン集団から抜け出す。

5月に行われた第23回全日本学生選手権クリテリウム大会で3位に入った力をもつ牧田はメイン集団と最大で約40秒の差をつけて先行。しかし、4~5周目にかけてメイン集団とのタイム差が一気に縮まり、7周目でメイン集団にキャッチされる。

後半はサバイバルなレース展開

牧田をキャッチしてからは特に先行する選手は現れず、どちらかという徐々にメイン集団から選手がこぼれ落ちていくサバイバルな展開に。

さらに、残り2周回のバックストレートで阿部花梨(順天堂大学)と石田唯(早稲田大学)がメイン集団から遅れ、先頭集団兼メイン集団は石上、成海綾香(鹿屋体育大学)、太郎田水桜(法政大学)、小口加奈絵(日本体育大学)の4名に絞られた。

一度は遅れた石田と阿部。その後先頭集団に復帰した

遅れた2名は最終周回に入るホームストレートで先頭集団に追い付くものの、一度遅れているだけにかなり厳しい状況に見られた。

最終盤でアクシデントが発生するものの
石上がスプリントでインカレロード初優勝を飾る

最終バックストレートでの4名

最終周回のバックストレートでも再び石田と阿部が遅れるが、石田は驚異の粘りで先頭に追い付く。
追い付いた石田と、石上、成海、太郎田、小口の5名による最終スプリントかと思われたが、残り500mあたりで石上の後輪に太郎田がハスってしまい、太郎田は落車してしまう。

石田、石上、成海、小口の4名でのスプリントとなり、先行した石上が石田を振り切ってインカレロード初優勝を決めた。また、2位には驚異的な追い上げを見せた石田が入り、3位は成海という結果となった。

ワン・スリーフィニッシュを決めた鹿屋体育大学がトラック・ロード合わせた大学対抗選手権のポイントでも法政大学を逆転し、女子では2016年以来5年ぶりに鹿屋体育大学が大学対抗選手権を制した。

優勝した石上夢乃 コメント

石上はレース後のコメントで「(最後の落車については)早稲田大学の石田選手が後ろから追走してきているとチームメイトの成海綾香から聞いて、後ろを振り返ったタイミングで太郎田選手が自分の後輪にハスって落車してしまったという感じです。(石田選手の追走については)彼女は集団についてもがくというよりも、追い付いた惰性でもがいていくスタイルだと認識していたので、成海が教えてくれたおかげで自分の勝ちパターンに持ち込むことができました。終盤に唯一2名体制となりましたが、狙っていたわけではありません。今シーズンは成海も自分も調子が非常に悪く、成海は完走できれば、自分は3位入賞できればいいなという思いでスタートラインに立っていました。結果として唯一の2名体制となり、鹿屋に有利に働いてよかったと思います」と振り返った。

また、石上は「(インカレ全体を振り返って)昨年の個人ロードでは初めてDNFを経験し、インカレ代替大会でも展開に絡むことができないなど、昨シーズンはまったく成績を残すことができず、自転車競技を辞めたいとすら思っていました。トラックでは優勝を狙ってはいたものの、あそこまで競り合うことができるとは思っていなかったので、ロードに向けて自信をつけることができました。結果としてロードで自分が優勝、成海が3位と結果を残すことができ、大学対抗選手権で総合優勝が取れたということは来年に向けてさらにステップアップできるいい機会になったと思います。(チャレンジャーからチャンピオンとして迎える来シーズンについては)どこかしらで過信が出てきてしまうと思うので、常にチャレンジャー精神で頑張りたいと思います。インカレではオムニアムとマディソン、ロードで優勝できるように頑張りたいです」とインカレ全体の振り返りと来シーズンに向けての抱負を語ってくれた。

リザルト

女子個人ロードレース

1位:石上夢乃(鹿屋体育大学) 3時間19分14秒
2位:石田唯(早稲田大学) 同
3位:成海綾香(鹿屋体育大学) +1秒

高木秀彰賞(女子)

鹿屋体育大学

女子ロード総合成績

1位:鹿屋体育大学 16ポイント
2位:早稲田大学 8ポイント
3位:日本体育大学 5ポイント

女子総合最終成績

1位:鹿屋体育大学 51ポイント
2位:法政大学 45ポイント
3位:早稲田大学 17ポイント

 

レースに関する問い合わせ:日本学生自転車競技連盟
https://jicf.info/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load