BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

エアロと軽さを両立しホイール、FFWDのフラッグシップ「ファストフォワード・ロウ」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は空気抵抗を軽減するロー(LAW)テクノロジー形状を採用したFFWDのニューフラッグシップホイール「ファストフォワード・ロウ」を鈴木祐一がテスト!

TEST ME一覧はこちらから

ワイドタイヤに最適化した空力性能を実現

ワイドタイヤに最適化したホイール。リムのFFWDロゴはインモールド成型される

オランダのFFWD(ファストフォワード)のニューフラッグシップホイールとして誕生したのがロウ(RAW)だ。従来のホイールが25Cタイヤまでに最適化したエアロ形状としていたのに対して、25~28Cのワイドタイヤに合わせてリムプロファイルを再設計。コンピューターによるCFD解析により導き出され、風洞実験で実証し最大限に空気抵抗を軽減するロー(LAW)テクノロジー形状が開発された。
さらに空気抵抗を軽減するインターナルニップルや、ハブにセラミックベアリングを採用することで細部まで旗艦モデルに相応しい性能が与えられた。重量についても前後で1,420gの軽さを実現しており、平地巡航からクライミングまで、オールラウンドで実力を発揮する。

内幅を21mmとしたカーボンリムにより、ワイドタイヤに対応。対応幅は23~42Cと状況に応じたタイヤ装着も自在だ
ワイドタイヤに最適化したほか、タイヤとの境目がスムーズになることでも空気抵抗を軽減するローテクノロジーを採用
ハブはセラミックベアリング採用のDT180。フロントのスポークは細身のエアロライトで空気抵抗の軽減に貢献している
リアのDT180ハブは新型のフリーボディとなる。スポークは剛性面に優れるエアロコンプを採用している

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load