BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

キャラクターでヒルクライム!? 女子チャンピオンが「箱根ヒルクライム」攻略法を指南

緊急事態宣言も解除され、10月3日晴れて「箱根ヒルクライム2021」がアネスト岩田ターンパイク箱根で開催された。今回は「キャラクターヒルクライム」が初めて開催されたほか、「体重別クラス」や「鉄の漢(おとこ)クラス」などおもしろカテゴリーが人気の大会だ。

人気ヒルクライマーの篠さんが箱根学園ジャージのコスプレで登場するなどした
人気ヒルクライマーの篠さんが箱根学園ジャージのコスプレで登場するなどした

レースの会場となったアネスト岩田ターンパイク箱根は自動車専用道路のため、普段は自転車は走ることができないコースを走れるのも魅力だ。つまり年に1回、箱根ヒルクライムの日にのみ走ることができる特別なコース。レースの日にしか走ることができないということは試走ができないということ。

ここでは今年度の箱根ヒルクライムの女子チャンピオンクラスで優勝した遠藤杏奈さん(High Ambition Women’s Cycling Academy)が、ヒルクライムレースのコツ、そして1年に1度しか走れないアネスト岩田ターンパイク箱根を走り切る攻略法を指南します。

女子チャンピオン遠藤杏奈が教える箱根ヒルクライム攻略法

前日にレース受付、コースを下見するならクルマで

まず、箱根ヒルクライムにエントリーしたら前日、もしくは当日に受付をする必要があります。当日受付は6:30までと時間が早く、レースの前に疲れてしまいそうなので、前日受付がおすすめです。今年はヒルトン小田原リゾート&スパが会場となりました。私は小田原駅まで輪行して、会場まで走って行ったのですが、国道135号線からヒルトンまでなかなかに険しい坂でした。前日最後の刺激入れにはいいかもしれませんが、脚を使いたくない方は車が使えるなら車の方がいいかもしれません。ここでセンサーチップやゼッケン、参加賞のタオル、水などを受け取り受付は終了。非常にスムーズでした。

帰り道はアネスト岩田ターンパイク箱根をクルマで試走しました。サイコンを片手に外を見ながら走り、現在地の斜度や残りの距離などを確認。一旦勾配が緩むポイントを知ることができ、自転車で走るのとはやはり違いましたが、参考にはなりました。クルマで試走、他のヒルクライムでも役立ちそうです。

レース前に余計なものを外しておこう!

家に帰ってからは洗車をして、サドルバッグやツール缶を取り外して準備完了です。レースで必要にないものを取り外すことで少しでも軽くなって速く走れるのみならず、ヒルクライムではなかなかありませんが、レースでは落車したときにパーツが飛び散ることによって発生するダメージを最小限にできます。

スタートまでにエネルギーをチャージしよう

そして迎えた当日。クルマで向かう人は事前申し込みの上、アネスト岩田スカイラウンジ周辺の駐車場にクルマを止めてターンパイクを下ってスタート地点に向かいます。輪行や自走で向かう人はスタート地点に直接集合します。

ウォーミングアップも兼ねてスタート地点に直接集合しました。スタート地点の開場が9時、スタートは10時半だったため、余裕を持って8時半に到着しました。スタートまで到着から2時間もあり、朝ごはんを食べてから4時間もあったためエネルギー摂取計画を立てることが重要になってきます。

私はスタート前の待機時間にエナジーゼリーを1つ食べました。本当はウォーミングアップのためにゆるく走りたいところですが、スタート地点にはアップ用の広場はありません。そのかわり、今年度から新設されたキャラクターヒルクライムにエントリーした方々が思い思いのコスプレをして開場を賑わせていました。スタートまではチームメイトと話しながらのんびり過ごしました。

スタートするときは、慌てずにクリートキャッチ

そしていよいよスタート。

女子チャンピオンクラスは男子チャンピオンクラスと高校生男子、中学生男子と同時スタートだったので同じクラスの女子たちと大人しく最後尾に着きました。スタート直後から坂が始まり、例年立ちごけする人が出るそうですが、幸い私のグループでは発生せず。私も一瞬手間取ったものの、なんせスタート地点の後方に位置していたため本格的な上りが始まるまでにははめることができました。クリートキャッチに自信がない方はその練習をしておくか、可能だったらスタートの手前から走り出してキャッチまでの距離の余裕を持つといいかもしれません。

レース本番は舞い上がらずに、マイペースで

コースマップ アネスト岩田ターンパイク箱根(小田原料金所~アネスト岩田スカイラウンジ)


MAZDAターンパイク高低表
©箱根ヒルクライム2021

距離:13.8㎞、平均勾配:7.2%

スタートして500mくらいで一旦少しだけ緩むものの、あとは7kmくらいまでずっと10%前後の急勾配です。10km地点までで休めるのは2つある橋のところくらいです。長丁場のヒルクライムではアドレナリンでハイになって飛ばしすぎないように周りの様子を伺いつつ自分のペースで走るのがコツです。

私はスタート直後は中高生の小集団に付いていましたが、ペースが少し合わず、程なくしてお別れしてからはパワーと心拍数を見て体と相談しながらマイペースで上りました。ターンパイクは勾配が比較的一定のため、逆に同じペースを刻むには最適です。普段から自分がどれくらいのペースならダレないか、心拍数がどこを超えると途端にダメになるレッドゾーンに突入するのかを把握しておくことがヒルクライムで最大限の実力を発揮するポイントではないでしょうか。

私も失敗、ちゃんとエネルギーとりましょう

いい感じのペースで進んでいましたが、レース中盤、エネルギー不足特有の頭ふわふわが襲ってきました。仕方なく少しペースを落として回復しましたが、敗因はスタート前のエネルギー摂取量が少なすぎたことでしょう。スタート地点まで30km弱走り、朝走っているときは気温も低かったため、思ったよりカロリーを消費してしまい、さらに、スタートまでの時間の長さに対して摂取カロリーが少なすぎました。そして1時間以内に走り終わるつもりだったので補給食は持っていませんでした。スタートまで時間に余裕が沢山ある時は直前の補給を工夫する必要がありそうです。

ラスト3km。アップダウンが登場し、2つの大きな下りを乗り切ったら、最後ほんの少し上ってゴールです。まわりに人がいたら下るときに協力してタイムを短縮できます。ヒルクライムレースとはいえ、下り区間が入るとトレインの効果が発揮できるコースになっています。ゴール地点にはたくさんの方がいて、応援が力になりました。ゴールしたらセンサーチップを返却してレースは終了です。

ゴール後に待っている絶景がご褒美

箱根ヒルクライムの素晴らしいところはゴール後のこの絶景が観れるところです。芦ノ湖に浮かぶ富士山がこの日は本当に美しく見えました。普段も湯河原や芦ノ湖から上ってアネスト岩田スカイラウンジにアクセスは可能ですが、レースを上り切って目に飛び込んでくるこの感動はこの日限定です。ヒルクライムは好きではない人も素晴らしい景色や美味しいグルメなどを目標に設定して上ると楽しく上れると思います。

最後の〆は表彰式。僭越ながら私もチームメイトとプレゼンターを務めさせていただきました。さすが表彰台に乗る方々はみなさんカッコよかったです。そして私も女子チャンピオンクラスで優勝したのでチームメイトから表彰していただきました。人生2回目のヒルクライムレースでしたが、とても楽しむことができました。

カテゴリーも細かく分けられている箱根ヒルクライム。レース初心者でも楽しめるレースになっているのでエントリーに迷っている方がいたらぜひ出場をお勧めします!

箱根ヒルクライム2021

イベントの詳細はこちらをチェックしよう。

遠藤杏奈

High Ambition女子サイクリングアカデミー所属。旅とロングライドをこよなく愛し、2020年には女性で年間走行時間最長など2部門でStravaJapanAwardを受賞。第17回Mt.富士ヒルクライムでブライテストホープ賞受賞。エベレスティング日本人女性最速記録を保持(2021/10/8時点)

 

チームHigh Ambition Women’s Cycling Academyの公式Facebook
https://www.facebook.com/Highambitionwomen

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load