BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ディスクブレーキの効きが悪いときに試す調整方法&メンテナンス

PAGE
2 / 3

ディスクブレーキのローターを掃除する

オイル漏れがないかを確認したら、次にローターに汚れが付いていないかをチェックしよう。簡易的にはパーツクリーナーを使って落とす。さらにローターを外して中性洗剤で洗うとよりキレイになる。これだけでだいぶ効果が変わる。ただしローターに油分が付いてしまうといくら拭き取ってもブレーキの効きが戻らなくなってしまうので、その場合にはローターの交換が必要となる。ロータの固定は、ロードバイクの場合はセンターロック式が多いが、6穴式もある。

ディスクローターを掃除する

ペーパータオルやきれいなウエスなどにパーツクリーナーを吹き付ける。汚れたウエスは使わないように。

ディスクローターをはさんで汚れをふき取る。力を入れすぎると、ローターを曲げてしまうので注意。

きれいに見えても意外と汚れている。拭き取ったウエス部分には油分が含まれている場合もあるので、新しい箇所でさらにローターをきれいにふき取ろう。

ディスクローターの取り外し方

センターロックで固定するローターの場合、スプロケットなどでも使うロックリング締め付け工具を使用する。

センターロックを取り外すと、ローターが取り外せる。これは6穴式のローターに、センターロック式のアダプターを取り付けたケース。

続いてディスクローターを取り外す。新品を装着するときは逆の手順で。6穴タイプはトルクスレンチかアーレンキーで脱着する。

摩耗が進んでいる場合は交換を

ディスクローターも使用していれば、もちろん摩耗する。そのまま使っているとローターが割れたりして重大なアクシデントにつながるので、そうなる前に新品に交換しよう。交換の目安は製品によって異なるが、厚みが1.5mm以下になったら注意しよう。

ローターにも寿命がある。ローターの厚みが1.5mm以下、もしくはアルミ面が出てきたら交換だ。

ディスクブレーキのパッドを掃除する

ディスクブレーキのパッドにブレーキカスなどがたまり、汚れてくると制動力も低下する。定期的にパッドを取り外して、中性洗剤などで洗浄しよう。パッドの材質はレジンとメタルがあるが、洗い方はどちらも同じだ。キャリパー本体もブレーキカスなどがたまりやすいので、中性洗剤と水でいっしょに洗っておこう。

パットを取り外し中性洗剤で洗浄する

キャリパーから固定ボルトを引き抜く。固定ボルトの脱落防止用のステップリテーナーがあれば、それも取り外す。

ブレーキパッドを左右一緒に引き抜く。間にはさまっているバネが飛んでいかないように。キャリパーの洗浄も忘れずに。

汚れているパッドはこんな感じ。

パッドを家庭用の中性洗剤で洗う。

パッド同士をこすり合わせる拝み洗いをする。きれいな使用済み歯ブラシで洗うのも可。

洗い終わったパッド。洗浄前と比べるとかなりきれいになっている。

パーツクリーナーは使わない

パーツクリーナーで洗うと、パッド表面に付着した油分が内部に浸み込んで制動力が大幅に落ちてしまう。こうなったら、新品に交換するしか手はない。潤滑油やグリスなどが付着した場合も同様だ。ふだんから注意して扱おう。

なんにでも使えるような呼び名のパーツクリーナーだが、ディスクブレーキのパッドを洗うのは厳禁!

パッドの厚みをチェック

パッドも摩耗が進めば交換が必要になる。パッドを外したときは、厚みのチェックも忘れずに。目安として厚みが0.5mm以下まで摩耗していれば、新品に交換だ。ディスクローターよりも交換の頻度は高いので、乗る機会が多い人は自宅にパッドをストックしておくのもいいだろう。

右が摩耗の進んだパッド。パッドがなくなると台座が直接ディスクローターに当たって傷つけてしまうので注意する

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load