BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

ペダルやクリートのネジが固着して回らないときの解決方法、おすすめ工具と対策

PAGE
3 / 3

グラインダーでネジ頭を加工する

小さいサイズの六角ネジは、高トルクに対応していないため、固着した場合は負けてしまうことがある。ディスクグラインダー(サンダー)でマイナスネジを切ることで、高トルクにも負けないネジ頭を作ることができる。ネジ頭を完全になめてしまった場合にも使えるテクニックだ。

高トルクにも負けないネジ頭

ネジ頭の真ん中にディスクグラインダーでマイナスネジを作る。本体を傷つけないように注意。

マイナスネジの溝が切れた状態。SPDクリートの場合は、左右ともネジ山を作ろう。

溝の大きさにフィットし、なるべく大きいマイナスドライバーを使用してネジをゆるめる

さまざまな補修に使用できるディスクグラインダー

マイナスネジの作成や、ネジ頭が完全に露出している場合には、ネジ頭を切断できるディスクグラインダーを使う。金属部分などの切断にも使用でき、トラブルの対処用に持っておいてもいい電動工具だといえる。

「ロードバイクのトラブル解決マニュアル」はこちらから読むことができます。

BiCYCLE CLUB読み放題プランを購入月額550円(税込)・登録初月無料

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load