BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

DIZO(ディゾ)・エピックプロ|ニューモデルインプレッション

PAGE
2 / 2

ディゾ
エピックプロ

43万4500円(フレームセット/ハンドル&シートポスト付き)

SPEC

■フレーム:カーボン ■フォーク:カーボン ■コンポーネント:シマノ・アルテグラ ■ハンドル、ステム:ヴィジョン・メトロン5D ACR ■シートポスト:専用カーボン ■ホイール:ビジョン・SC 40ディスク TLR ■タイヤ:マキシス・パーサー、700×25C ■カラー:ブラック ■サイズ:XS、S、M、L、XL ■重量:7.5kg(S /ペダルレス/編集部実測)

状況変化にもスムーズに対応できる高レベルの推進力が魅力

管洋介がインプレッション

接地感に優れたバイクであり、激しい挙動のなかでもコントロールできる安定感が強みだ。ステアリングも落ち着いた印象でありながら、剛性の高いフロントフォークによってダンシングでの立ちまわりはシャープで軽快なリズムを刻める。この切り替わりがシームレスであるのと、シート角が寝ていて重心を後ろへ残しやすい設計により、コーナリングでは進入から中間、脱出までムラのない安定したコントロールができる印象だ。また、ヘッド接合部からBBへかけてボリュームアップする変形ダウンチューブが特徴的で、ダウンチューブとチェーンステーの剛性が高く、トルク伝達の素早さが心地いい。それでいてバイクを左右に振ったときにリズムを取りやすいBBのウイップを感じることもできる。シッティングのビビッドな駆動力からすれば驚きの剛性バランスだ。

インプレッションライダー
管洋介

競技歴25年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。最新のカーボンロードからスチールバイクまで、長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168cm。

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

管洋介のその他の記事は
こちらから

問:ディゾジャパン
www.dizobike.jp

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

Bicycle Club / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load