BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

大人顔負け! 子どもの可能性を広げる本格的なキッズMTB「RIPROCK」登場|SPECIALIZED

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」から新製品が登場。大人顔負けの本格的なキッズ用マウンテンバイク、新型「RIPROCK」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

最高のキッズトレイルバイクが誕生! 子どもの“やりたい”を叶えるMTB

子どもの可能性と想像力は無限大。道端の縁石は楽しい障害物に。階段はハラハラドキドキの下り坂に。 そしてデコボコはジャンプ台に。バイクはただの移動手段ではありません。自分の可能性やこの広い世界を知るのにぴったりのツールなのです。Riprockで冒険の扉を開けよう。

世界を広げるバイク

子どもが豊かな想像力を生かして走るには、どんなバイクが必要でしょうか? 少なくとも恐怖心を感じさせるバイクでは、自由自在に走り回ることなどできません。スペシャライズドの答えがこのRiprock。最新のジオメトリー、グリップに優れたGround Control タイヤ、しっかり止まれる油圧ディスクブレーキ、内装式ケーブルを備え、走る楽しさを全身で感じられます。さらに、丘の向こう側の景色を見に行くときや、下りで風をきるときもうれしいワイドなギヤ比のドライブトレインを搭載しています。

抜群のフィット感で怖いものなし

ときに未知の世界の探検は心細いものですが、Riprockは子どもの体にフィットするため、安心して突き進めるでしょう。子どもの体格を第一に考慮した、データに基づく設計は各部に見られます。細身のグリップを用いたのは、小さな手でもバイクを確実に操作できるようにするため。130mm幅のBridge サドルと狭めのQファクターのクランクは、股関節、膝、足首を一直線に並べ、脚の歪みによるケガのリスクを減らします。同時に、効率的に力強くペダルを漕げるようにもなります。キッズバイクをここまで入念にデザインした理由は、快適さが自信につながるから。そして自信がつくほど操作が上達し、安全に走れる場所が広がります。

本物のライドがここに

子どものころを思い出してください。バイクはただの乗り物ではなく、自分や世界を知るきっかけを与えてくれたはず。楽しく走っているうちに、世界が今までと違って見えるようになりましたよね? Riprockは、生涯続けたくなるライドのスタートを加速させる、最高のキッズトレイルバイクです。

ラインナップ

RIPROCK 20 INT

価格:60,500円(税込)
カラー:4色展開 GLOSS FLO RED / BLACK、 GLOSS OASIS / BLACK、 GLOSS SKY / WHITE、 GLOSS UV LILAC / BLACK
対象身長:107cm – 119cm
製品詳細ページはこちら

RIPROCK 24 INT

価格:66,000円(税込)
カラー:4色展開 GLOSS BLAZE / BLACK、 GLOSS SAGE / WHITE、 GLOSS SKY / BLACK、 SATIN CAST BLACK / SMOKE
対象身長:119cm – 142cm
製品詳細ページはこちら

FAQ

Riprockに用意されるサイズは?

お子さんの身長やスキルに合わせて幅広いサイズをご用意しました。4歳から12歳、身長107cmから142cmまでのお子さんが対象です。サイズ選びは、お子さんの身長やスキルをご存知のご両親にお願いしています。

Riprock 20”: 107cm – 119cm
Riprock 24”: 119cm – 142cm

Riprockのドライブトレインにはどんなメリットがある?

最大42Tのカセットを備え、ギヤ比がとてもワイドなため、子どもの力でも坂を上り、より遠くまで遊びに行けます。Riprock 20、24ともに1×9速のドライブトレインを採用します。

サスペンションを採用していないのはなぜ?

子どもがトレイルライドをこれから始める上でもっとも大切なのは、重量、ハンドリング性、走破性。調査から、それら以外は不要であることが判明しています。そこで軽量フレームに最新ジオメトリーを採用し、自信をもってバイクを操作できるようにしました。ワイドなギヤ比のドライブトレインなら、急な上り坂もスイスイと漕いで進めます。小さな手に合ったグリップを正しく握れる乗車姿勢や路面をしっかりと掴む太いタイヤも付いているので、どんなデコボコも乗り越えられるでしょう。すべてはお子さんが楽しみながら上達していくための特徴です。

 

問:スペシャライズド・ジャパン
https://www.specialized.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load