BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

レギュラーカラーに2つの新色! ブロンプトンが2022モデルを発表|BROMPTON

「BROMPTON(ブロンプトン)」の2022モデルが発表された。2022モデルから素材の違いによりラインが設定され、スチールフレームのレギュラーラインは「C Line」、一部のパーツにチタンを使用した軽量ラインは「P Line」と表記される。

さらに、ハンドルタイプの名称を以下のとおり変更している。

Mハンドル=Middleハンドル
Sハンドル=Lowハンドル

今回、詳細が発表されたのはCラインのレギュラーカラーとブラックエディション。ブラックエディションは11月、レギュラーカラーは2022年1月~2月に発売予定だ。

レギュラーカラー

New ピカデリーブルー
New ファイヤーコーラル
ハウスレッド
ハウスレッド/ブラック

ブラック
クラウドブルー
レーシンググリーン
レーシンググリーン/ブラック
ブラックラッカー

モデルと価格(税込)

Urban(2段変速) ¥220,000
Utility(3段変速) ¥231,000
Explore(6段変速) ¥242,000

*価格はMiddleハンドル、Lowハンドル共通 です。
*ブラックラッカーは+¥33,000です。
*Explore(6段変速)のみリアキャリア付き(+¥11,000)があります。
*Explore(6段変速)のみポンプが付属します。

 

ブラックエディション

ブラック
ターキッシュグリーン
フレイムラッカー
復活!ブラックラッカー

モデルと価格(税込)

Urban(2段変速) ¥236,500
Explore(6段変速) ¥258,500

*価格はMiddleハンドル、Lowハンドル共通 です。
*フレイムラッカー及びブラックラッカーは+¥33,000です。
*Explore(6段変速)のみリアキャリア付き(+¥11,000)があります。
*Explore(6段変速)のみポンプが付属します。

 

詳細はC Lineのページをご覧ください。
https://bromptonbicycle.jp/bikes/c-line/

新しいブロンプトンの選び方は HOW TO CHOOSE のページをチェック

ブロンプトンのメインフレームはすべて同じ形。乗車スタイルやデザインの好みに合わせて、お気に入りのモデルを見つけよう!

▼HOW TO CHOOSEはこちら
https://bromptonbicycle.jp/howto-choose

 

問:ミズタニ自転車
https://bromptonbicycle.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load