BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

レーシング種目U23女子で籔田寿衣が初優勝|BMXスーパークロスワールドカップ

10月30日、31日の2日間、トルコ・サカリアでBMXレーシング種目ワールドカップシリーズ第7戦、第8戦が行われた。第7戦では籔田寿衣がU23カテゴリーで自身初の優勝を獲得。以下、プレスリリースより。

ワールドカップシリーズ後半戦、U23女子で籔田寿衣が優勝

先週末よりトルコ・サカリアで開催されているワールドカップシリーズ後半戦。2週に渡り開催され、日本チームは第5−6戦ではUnder23(以下、U23)カテゴリーで、優勝含む男女計4つの表彰台を獲得し、良い流れで残り2戦に臨む形となった。日本チームのメンバーは変わらず、U23カテゴリーに男子2名、女子5名、そしてエリート女子には、東京オリンピック日本代表の畠山紗英(日本体育大学)が参戦した。

Under23男子

第5−6戦同様に、参加者60名と今大会最大のクラスとなったU23男子は、現在シリーズポイントをリードしている中井飛馬(日本体育大学)が、前週に続き安定した走りで準決勝を1位で決勝へ進出。決勝は2位から追う展開となり、第2コーナーで先頭の選手の横に並ぶも、立ち上がりでの加速に苦しみ失速。ゴール直前でも順位を一つ落とし4位でフィニッシュとなった。これまで4戦連続で登っていた表彰台は逃したものの、シリーズポイントでは最終戦を残して1位が確定した。

中井飛馬

中井飛馬コメント

先週の第5−6戦からの改善点も含めて、良い流れで決勝まで進めましたが、決勝ではラインの判断ミスで先頭の選手を交わすことができず、悔しい1戦となりました。シリーズタイトルが確定して、一つプレッシャーは減りましたが、シーズン最終戦をベストな形で終えられるよう、最後まで集中を切らさずに挑みます。

大会結果男子Under23

優勝:BertagnoliPietro(イタリア)
2位:ColsenetMateo(フランス)
3位:BogaertMathijn(ベルギー)
4位:中井飛馬(日本体育大学)
44位:増田優一(大阪体育大学)

Under23女子

男子同様にメンバーは変わらず、日本からは5名の選手を送り込んだU23女子クラス。今大会は第5戦で2位を獲得した籔田寿衣(大阪体育大学)と、第6戦にて優勝した丹野夏波(早稲田大学)が決勝へ進出した。
決勝ではスタートを決めた籔田が第1コーナーへ先頭で進入。立ち上がりで内側のラインから来た丹野が一瞬前に出るも、ジャンプセクションで再び籔田が先頭にたち、丹野はジャンプセクションでのミスで順位を落としてしまった。最終コーナーを先頭で回った籔田は、フィニッシュラインで東京オリンピックラトビア代表のPetersone選手に並ばれ写真判定にもつれ込んだ。結果、0.008秒差で籔田が勝利! 第6戦の丹野に続き、日本人2人目となるワールドカップで表彰台の頂点に立った。丹野は6位で決勝を終えた。

籔田寿衣

籔田寿衣コメント

第5戦でも表彰台を獲得できましたが、今日の決勝ではスタートからトップを走れ、さらに優勝という結果を残せてとても嬉しいです。国内も含めて1年ぶりの優勝だったので、これまでのトレーニングの成果を実感でき、取り組みにも自信がつきました。明日は最終戦が残っていますが、シリーズタイトルでも現在4位でトップ3を狙える位置にいるので、ベストを尽くしてきます。

大会結果女子Under23

優勝:籔田寿衣(大阪体育大学)
2位:PetersoneVineta(ラトビア)
3位:BrindjoncLea(フランス)
6位:丹野夏波(早稲田大学)
10位:酒井亜樹(桃山学院教育大学)
11位:西村寧々花(GanTrigger)
18位:野村凪沙(AceRaceAustralia)

エリート女子

第5−6戦は決勝に進めず悔しい結果となった畠山紗英(日本体育大学)だったが、本日の第7戦では準決勝を3位で通過し、第2戦イタリア大会ぶりの決勝進出となった。決勝では先頭集団で第1コーナーに進入したが、内側のラインから来た選手と接触し失速してしまう。その後リズムを取り返すことができず、8位でフィニッシュとなった。

畠山紗英

畠山紗英コメント

先週の大会では悔しいレースが続き、今日までの数日間で細かい修正や戦略を変えてレースに入りました。スタートから最初のコーナーまでの距離が短く、インコースからのスタートが有利なコースレイアウトですが、今日はアウトコースから攻める戦略がうまくはまり、決勝まで進めたことは満足しています。明日は今シーズン最後のレースですが、自分のパフォーマンスに集中し、自信をもって準備したいと思います。

大会結果女子Under23

優勝:SmuldersLaura(オランダ)
2位:StancilFelicia(アメリカ)
3位:PajonMariana(コロンビア)
8位:畠山紗英(日本体育大学)

 

2021UCIBMXスーパークロスワールドカップ第7-8戦

大会日程第7戦2021年10月30日(土)、第8戦2021年10月31日(日)
大会会場トルコ・サカリアAycicegiBisikletVadisi

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load