BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

KHODAABLOOM・STRAUSS PRO DISC【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

PAGE
2 / 3

TECHNOLOGY

2014年から始まったコーダーブルームのレーシングロードへの挑戦。
歴代モデルのテクノロジーの結晶と言えるオールラウンドレーサー
「ストラウス プロ ディスク」のテクノロジーを明らかにする

T800とT700カーボンを駆使するバランス重視の実戦派レーサー

従来のファーナシリーズとはコンセプトを分け、レースマシンとしての立場を明確にして開発されたストラウス。サポート選手や販売店スタッフ、生産工場からのフィードバックも集約して理想形を追求。ゼロベースからワイヤールーティングなどの組み立てを検証し、フィールドテストも繰り返し実施した。結果、開発には2年を費やした。

フレーム素材には、高弾性カーボンの東レ製800カーボンをメインに、部分的にT700カーボンもブレンドし過度な剛性を抑える。フレーム重量は1065g、フォーク重量は435g(ともに480mmサイズ)に仕上がる。

日本ブランドならではの品質へのこだわりももつ。海外の生産拠点には、技術担当社員による工場調査および技術指導を実施。品質検査器具は国内の本社に保有し、JISおよびISOに定められた基準と同等、またはそれ以上の基準による強度試験を経て製品化される。さらに、国内入荷時には40項目の検品を行うなど、品質への万全の体制を敷く。

ジオメトリーはアジア人体型に合わせて設計され、サイズ展開は480mmと540mmの2つを用意する。また、光の当たり具合により光り方が変化する偏光色であるカメレオンカラーは、塗装工場と共同開発。奥深く、気品を感じさせ、バイク全体の印象を引き立てる。

01 T800カーボンをメイン素材にフレームのトータル性能を追求

高強度、高弾性率を特長とする東レ製のT800カーボンをメイン素材に採用。T700カーボンのブレンドやシートの貼り合わせなどを工夫し、剛性バランスを重視する。成型にはEPS(発泡ポリスチレン製法)を導入し、高品質なフレームの製造を可能にする

02 空力性能を意識するブレードエアロフォーク

へッドチューブとシームレスに融合するフラットマウントディスクブレーキ専用のフロントフォーク。エアロフローも意識したややワイドスタンスな形状となっている

03 緻密なコントロール性を実現するテーパードヘッドチューブ

内部のコラムもカーボン素材の上側1-1/8インチ、下側1-1/2インチのテーパー形状の上下異径ヘッドチューブを採用。ヘッド剛性を高め、負荷のかかるハイスピード走行時にも正確なコントロール性能を発揮

04 インテグレーテッドヘッド設計。機能美が光るフロントセクション

細部までエッジを利かせたチューブ形状は、剛性バランスと空力性能を追求。フロントフォークはヘッドチューブにオフセットし、インテグレートされた美しさが光る。ダウンチューブ上部にはシフトケーブル挿入口を設ける

05 扁平シートステー採用で快適性も引き出すリアセクション

ディスクブレーキ設計ならではのスマートなリアまわりの設計を実現。BBからチェーンステーにかけてはボリュームを出して剛性を高めつつ、扁平形状のシートステーは縦方向へのしなりにより快適性を引き出す。シートポストは汎用品を使える仕様

06 BBボリュームを生み反応性を高めるプレスフィットBB

フレームに左右からBBを直接圧入するプレスフィットタイプのBB86規格を採用。BBボリュームを最大限まで引き出し、反応性を高める狙いがある。BB下部にはカバーを設け、フレームに内装されたケーブル類のメンテナンスのしやすさを考慮

 

100km IMPRESSION

勝ちを求めるレーサーをターゲットに開発したフラッグシップロード「ストラウスプロディスク」。
コーダーブルームが自信をもって送り出す最新モデルを多様なシチュエーションでインプレッション。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

Bicycle Club / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load