BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロバール・テラCL、ワイドリムホイールで極上のロードライディング|SPECIALIZED

スペシャライズドのパーツブランドとして、目的に合わせて最適なホイールラインナップを構築するロバール。ロードレーシング向けには超軽量のアルピニストやオールラウンドのラピーデをラインナップするが、速さを競わずロードバイクに乗る楽しさを追求したいユーザーに最適なのが「テラCL」だ。

今回は競技の第一線で活躍してきたスペシャライズドアドバイザーの竹谷賢二さんが、スペシャライズドの超軽量バイク、エートスとテラCLを組み合わせたバイクと、その楽しみ方を紹介。ロードバイクならではの軽快な走りと、ワイドリムならではの安心した走りを楽しもう!

竹谷賢二さんおススメ
「エートス×テラCL」で楽しむ新しいライドのかたち

テラCLはワイドリムながら軽量なので、ツーリングでも快適に走ることができ、街並みなども楽しめる

「テラCL」はグラベルロードをメインターゲットとして開発されたホイールだが、ロードバイクにアッセンブルしても持ち前の安定性やコントロール性がライドの楽しさをより広げてくれる。
実際に楽しく走るためにテラCLを使用しているのが、アテネ五輪マウンテンバイク日本代表など、競技の第一線で活躍してきた竹谷賢二さんだ。現在は競技としてトライアスロンに取り組むかたわら、マウンテンバイクやロードバイクでは楽しく走ることに主眼を置いているという竹谷さん。ロードバイクで上りも下りも楽しむために欠かせないアイテムとなっているのがテラCLなのだという。

チューブレスレディ対応のリム採用で重量は1408gと軽量。さらに28mmから47mmまでのワイドタイヤを取り付けることができる

ヒルクライム仕様から下りを最大限に楽しむバイクへ

乗鞍のヒルクライム大会を目指し6月からスペシャライズドの超軽量バイク、エートスに乗り出したという竹谷さん。当初は軽量ホイールのアルピニストを組み付けてヒルクライム向けの超軽量バイクとして仕上げていたという。しかし大会が中止になったことで、より楽しく乗るために、コントロール性の高い仕様へと変更した。

30Cを履かせたテラCLならば、こうした荒れた路面でも安心してコントロールできる

フレーム単体で585gと超軽量なエートスは、少し重めのパーツを取り付けても十分軽い仕様で組み上げることができる。クライミングのみをターゲットとすればホイールも軽いものが正義となるが、通常のロードライドに照準を合わせると、ワイドタイヤを履かせることで、さまざまな条件に対応できるのだという。

エントリーユーザーにとっても、30Cというワイドタイヤなら車道を安心して走れるため、竹谷さんもおすすめだという

この発想のベースになったのがマウンテンバイクのダウンカントリーバイクだ。レース向けのフレームをベースに余裕のあるサスペンションストロークとエアボリュームの大きい太めのタイヤ、ワイドハンドルやショートステム、さらにドロッパーシートポストを装備することで下りを最大限に楽しめるようにしたものだ。この考えをロードバイクのエートスに落としこんだのが竹谷さんのエートスだ。

1408gと軽く、完成車のデフォルトのホイールに比べ、ヒルクライムでも軽快に走れる

ヒルクライム仕様に仕上げていたときはアルピニストホイールに26Cタイヤを履いていたが、コントロール性の向上を目指し28Cを装着。

ここでワイドタイヤの優位性を感じて、さらに30Cまでサイズアップしたが、内幅21mmのアルピニストリムではタイヤの変形が大きく転がり性能が最大限に発揮できていないと感じたため、内幅25mmのテラCLに交換した。これによりワイドタイヤの性能をフルに発揮できるようになり、転がりがスムーズになって、路面状況が悪い場合でも安定してバイクが前に進むようになったという。

同じリムを使用した上位モデルでハブなどを軽量化したテラCLXの選択肢もあったが、タイヤの転がりが性能の多くを左右するこのレンジのホイールになると、質量としての軽さが走りに及ぼすメリットはそこまで大きくないため、CLグレードで満足しているという。

テラCLをアッセンブルした効果は大きく、レーシング向けホイールだと気を使っていたところでも道を選ばすに楽しく走れるという。

傾斜のキツイ下りでは腰を引いてバイクをコントロールする

舗装路といえども街中では路肩の段差があり、山に行けば荒れた路面もある、そのような条件でもテラCLとワイドタイヤの組み合わせならば走りに余裕が生まれ、よりライディングを楽しむことができるという。竹谷さん曰く、「頑張って走るのではなく、バイクコントロールを楽しんで走る」楽しみ方だ。従来このようなくくりだとロングライド向けということが多かったが、わずか1時間程度のショートライドでも実感できるものだという。
もちろんロングライドでも楽しめる。竹谷さんは2日間で房総350kmを乗って改めてテラSLと30Cの相性のよさを強く感じたという。「まずはワイドリム+タイヤで衝撃を吸収、振動を減衰してくれることでロングライドでの疲労を低減してくれます。さらに直進安定性が増し挙動がすごく安定するので、路面に必要以上に気を使わず、リラックスして楽しめますね。そして、ワイドリムでタイヤ形状が適切になることで、コーナーリング時のグリップのスイートスポットが格段に広がるのでより安心して走れます」

ロードバイクにテラCL、そして30Cのホイールを組み合わせれば、非常に安定したコーナリングが可能だ。上体を起こしたままバイクを傾けて曲がるリーンアウトのフォームをとることでコントロールしやすくなる

これからロードバイクに乗りはじめる初級者をはじめ、多くのユーザーに味方となる安定感とコントロール性能をもつテラCL。競技志向ではないすべてのライダーにオススメのホイールだ。

竹谷賢二

日本スポーツ協会公認コーチ、エンデュランススポーツの伝道者として活動。現在はスペシャライズド幕張店オーナー。MTBクロスカントリーライダーとして活躍し、4度のMTB日本チャンピオンを獲得したほか、2004年にはアテネオリンピックMTB日本代表、2002年プサンアジア大会では金メダルを獲得した。現役引退後はトライアスロンなどをファンスポーツとして楽しみながらアイアンマンで50-54エイジカテゴリーで優勝するなど、精力的に活動している。

テラCLを組み合わせたバイクがこちら!

軽量モデル「エートス」にテラCL.ホイール、さらに30Cのタイヤの組み合わせ
ハンドルにはロバール・テラを使用する竹谷さん。フレアハンドルながらワイドすぎず、ロードバイクに近い感覚で使える
竹谷さんはタイヤにSターボ・プロ30C(チューブド)をチョイス。太いタイヤになると、その分価格差が重量差となるため、このミドルクラス以上のタイヤがおすすめだ

エートスとの組み合わせでは700×30Cならばクリアランスに余裕がある

製品情報

ROVAL TERRA CLホイールセット

17万500円(前後セット)

SPEC

リム:テラ CLXカーボンクリンチャー、700c、ディスクブレーキ、ビートフック、チューブレスレディ仕様
リム寸法:32mm(ハイト)、30mm(外幅)、25mm(内幅)
ハブ:DT Swiss 350 ストレートプル センターロック、スターラチェット 歯数36t(10°)、100x12mmと142x12mm、シマノ・ロード11Sフリーハブ(交換可)、DT Swissシールドカートリッジベアリング
スポーク:DTスイス・コンペティションストレートプル
対応タイヤサイズ:28~47mm
重量(チューブレスリムテープとバルブを含む):1408g(前後セット)、654g(フロント)、754g(リア)
付属品:チューブレステープ、チューブレスバルブ、スペアスポーク、ニップルキット
耐荷重:125kg

フロント
リア

Rovalホイールを試乗して、タイヤを当てよう!

スペシャライズド・ジャパンでは、現在「Rovalホイールを試乗してタイヤを当てよう」と題し、該当ホイールの試乗+SNSへの投稿でタイヤが当たるキャンペーンを実施中。試乗の対象のホイールは、コストパフォーマンスに優れたミドルグレードホイール「Alpinist CL」と「Terra CL」。期間は12月31日(金)までとなっている。

「Rovalホイールを試乗してタイヤを当てよう」キャンペーン概要

受付期間:2021年10月20日(水)~2021年12月31日(金)

対象ホイール

▼Alpinist CLホイール
ミドルグレードで1,365gの超軽量の「Alpinist CLホイール」

 

▼Terra CLホイール(チューブレスレディ)
これ一本で街乗りからグラベルまで対応。オールラウンドでコストパフォーマンスに優れる「Terra CLホイール」

 

プレゼント賞品

▼Turbo cotton LTD
世界選手権二連覇にも貢献した限定品Turbo cotton LTD。どんなバイクやホイールにも合う精悍なブラックサイド仕様

 

▼S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR
ドゥクーニンク・クイックステップと共同で開発。 乗り心地やグリップ感のバランスも良くオールラウンドなチューブレスレディタイヤS-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR。特にTerra CLとの相性は抜群!

 

キャンペーンの詳細はこちらをチェックしよう。
Rovalホイールキャンペーン

 

問:スペシャライズド・ジャパン
https://www.specialized.com

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load