BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

新型フリーライドマウンテンバイク「トルク」シリーズを発売|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から新製品が登場。テクニカルなダウンヒルから自由に楽しむトレイルライドまで、幅広いレベルに対応する新型フリーライドマウンテンバイク「トルクシリーズ」がラインナップに加わった。新型トルクでは27.5インチ、前後異径マレット(フロント29インチ、リア27.5インチ)、29インチの3種のホイール径の完成車が用意される。以下、プレスリリースより。

トルクを新型へと再構築、ジオメトリーをアップデート

フリーライドマウンテンバイク、「トルク」。この、巨大なジャンプラインを飛び越え、エンデューロ・ワールドシリーズに参戦し、世界中のバイクパークでの興奮を最大限に高めることができるバイクを、どうやって改良していくか? キャニオンのデザイナーとエンジニアは、トルクを新型へと再構築する際に、このように自問しました。その結果、ウィスラー、クイーンズタウン、モルジーンといった世界の下り系シーンのホットスポットでフルシーズンを1台のバイクでこなすことができるようになりました。新しいトルクは、スピードに乗ってダウンヒルを攻めたり、キッカーからバイクを投げ出したり、トレイルサイドのリップをなめたりするのに最高のマシンです。ロングトラベルマシンでありながら、ハイペースでも安定し、パークでは扱いやすく遊び心があり、搬送のゴンドラがないときでも長い上りを楽々こなすことができます。

キャニオンは、新型トルクのジオメトリーをアップデートする際に、一切の妥協をしませんでした。新モデルでは、ヘッドチューブの角度が緩くなり、フォークのオフセットが減り、リーチが長くなり、シートチューブの角度が急になりました。フレームはより剛性を高め、より耐久性があり、さらにはボトルケージを装着することも可能です。これらの変更により、より速く、より操作しやすく、より良いトラクションを備えたバイクとなり、過酷なトレイルの頂上へと続く長く安定した上りに対応できるようになりました。

新型トルクでは、前後異径のマレット仕様(フロント29、リア27.5)の完成車も発売。Copyright: Canyon Bicycles

トルクの特徴は、キャニオンのプロライダーとエンジニアが、究極のワンサイズ・ロングトラベルバイクを開発するために試行錯誤を重ねた結果、ワンサイズは実際には存在しないと判断したことです。その結果、トルクには前後27.5インチ、前後異径マレット(フロント29インチ、リア27.5インチ)、前後29インチの3種のホイール径の完成車が用意されることになりました。ホイールサイズは、ライディング中のバイクのフィーリングやレスポンスに大きな影響を与え、それぞれのセットアップにはそれぞれのメリットがあります。29erならではのロールオーバーや高速安定性、27.5インチの敏捷性やコーナーを切り裂くような遊び心、そしてマレットセットアップの徹底的な楽しさなど、ライダーが求めるものが何であれ、新しいトルクファミリーはそれらすべてをカバーしています。

さらなるスピードとグリップを求めているライダーには? 前後29er仕様は速く走ることが大好きです。Copyright: Canyon Bicycles

このシリーズの多様性の向上は、ホイールだけではありません。キャニオンはトルクシリーズを開発するにあたり、どのようなフレーム素材を選んでもライダーがバイクに夢中になれるよう、ラインナップ全体でライドクオリティの良さを維持したいと考えました。そのため、AL(アルミ)バージョンとCF(カーボン)バージョンには、それぞれ専用の開発プロセスが用意されています。ALバージョンでは、アルミに特化した製造と、より丸みを帯びた形状の特注チューブや、フレームの強度を高める直線的なチューブセクションなどのデザインイノベーションを採用しています。新しいALフレームは3250gと、従来のトルクALから約250gの軽量化を実現しながら、剛性、ハンドリング、パフォーマンスを全面的に向上させています。トルクALとトルクCFは、これまでにないほどのデザインの違いがありながらも、そのライドクオリティでは非常に良く似たものを実現しています。

トルクのCFバージョンは、先代モデルを上回る性能を備えています。フルカーボンファイバー製フレームの重量は2,652gで、170mm以上のトラベルを備えたパークバイクとしては驚くべき軽さです。さらに素晴らしいのは、キャニオンが重量剛性比を向上させながら、このような軽量フレームを生み出したことです。この新しいフレームは、ダウンヒルワールドカップで優勝したセンダーと同じカテゴリー5の耐久評価を受けており、フリーライドやバイクパークで走り倒すような厳しい用途にも適切に対応しています。

トルクのルーツに忠実な、27.5バージョンも展開。フリーライダーにとっては夢のバイクです。Copyright: Canyon Bicycles

2種類のマレットバイク完成車は、激しい下り坂、軽快とスタイリッシュなライディングを好むライダーのためのラインナップです。大きなフロントホイールはスピードを維持し、あらゆるものを乗り越えていきます。一方、小さなリアホイールは、急勾配のトレイルでタイヤをお尻に擦ることなく、ライダーの重心移動を可能にします。トルク29のフロントトライアングルとトルク27.5のリアトライアングルを組み合わせたマレットバイクは、後付けではありません。「フロントは絶大なトラクション、リアは絶妙な振り回しやすさ」という設定で、コイルショックを標準装備することで、トレイルでのトラクションを向上させることができます。CF 8とCF Fabio Wibmerモデルには、FoxとÖhlinsの最高級ショックが搭載されています。

このバイクが「レッドブルランページ」に対応していると言ったのは冗談ではありません。すでに「レッドブルランページ」で使用され、その能力が証明されています。Copyright: Canyon Bicycles

トルクシリーズの入門モデルは、309,000円のトルク5で、画期的なアルミニウムフレームを採用しています。Rockshoxサスペンション、Shimano Deoreシフト、グリップ力の高いMaxxisタイヤを装備し、本格的なパークバイクの入門機として最適です。ハイエンドとなる669,000円のTorque CF 9は、しなやかなFox Factoryサスペンション、軽くて正確なShimano XTRシフト、DHで実証された耐久性の高いDT Swissホイールを装備しています。

トルク完成車ラインナップ

トルク5

価格:309,000円
仕様:Shimano Deore、Rockshox ZEB Select

トルク6

価格:369,000円
仕様:Shimano SLX、Fox 38 Performance

トルク CF 7

価格:429,000円
仕様:SRAM GX、Rockshox ZEB Select+

トルク CF 8

価格:519,000円
仕様:Shimano XT、Fox 38 Performance Elite

トルク CF Fabio Wibmer

価格:639,000円
仕様:Sram X01 with GX cassette、Öhlins RXF38

トルク CF 9

価格:669,000円
仕様:Shimano XTR、Fox 38 Factory

 

キャニオン公式ストア 「トルク」シリーズ特設ページ
https://www.canyon.com/ja-jp/mountain-bikes/enduro-bikes/torque/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x