BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

2024年パリ五輪の開会式はセーヌ川で開催、その様子がわかる画像初公開

2024年7月26日から8月11日まで開催される夏季オリンピック「パリ2024」。その様子がわかる画像が初公開された。

パリで最後にオリンピックが開催されたのは1924年のこと。100年の時を経て、再びフランスの首都で開催される。自転車競技ではロードレースが、エッフェル塔を見上げるパリ7区の石造アーチ橋・イエナ橋が主会場になる予定だ。このほか、コンコルド広場でのBMXフリースタイルが行われる予定となっている。そのパリ五輪の初公開されたばかりのパリ五輪の開会式をお伝えしていく。以下、プレスリリースより。

最も偉大で人気あるスポーツの祭典がパリの中心部で開催される

2024年7月26日に行われる壮大な開会式では、世界中の人々の注目がパリに向けられ、オリンピック精神の価値を誇らしげにアピールする瞬間となります。この野心的なプロジェクトは、何百人もの関係者が集まり協力を行う結果であり、パリ市民、イル・ド・フランス地方の住民、そして観光客に喜びをもたらします。

2024年の開会式は大会の歴史に残るものとなるでしょう。史上初めて、もはや一つのスタジアム内に集まるものでなく、首都のど真ん中で行われます。選手たちは壮大な船団に乗りセーヌ河岸を通り、セーヌ河の象徴的な橋の下をくぐり抜けていきます。

パリ大会をセーヌ川で開催するという選択は大胆なものですが、じつは長期的な戦略の一部に位置付けられたものなのです。この計画は、2016年にパリ河岸が歩行者天国になったのを受け、これからもパリ市民や地域住民がセーヌ河との親しみを取り戻し、水辺でスポーツをしたり、周囲の景色を眺めながら散歩をしたりする機会を増やそうとする考えの延長線上にあります。2024年のパリオリンピック・パラリンピックでは、セーヌ川で泳げるようになるように、物語の新たな章が開かれる瞬間となります。

「2024年のパリ大会開会式は、その画期的な演出で、まさに魔法のようなものになることでしょう。誰にでも開かれた、人々のための式典となります。フランスにとって最高の姿を世界中の人々に見せる機会でもあります。世界中の人々が招かれる、他ではあり得ないパーティになりそうです!」トニー・エスタンゲ(パリ2024組織委員会会長)

大会公式WEBサイトはこちら
www.paris2024.org

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load