BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

道端カレンが東京五輪のレガシーで記念撮影! ロードレースピクトグラムは12月26日まで

東京2020オリンピック自転車で注目された神奈川県相模原市の小倉橋。そのロードレースのコース沿道に掲出していた大型装飾、大会ピクトグラムがオリンピックのあとも掲出されており、サイクリストの間で人気の撮影スポットになっている。8代目自転車名人で、トライアスリートとしてロードバイクを楽しむモデル&タレントの道端カレンさん、オリンピックのレガシーともいえるピクトグラムを見にサイクリング。宮ケ瀬湖周辺を走ってきた。

人気のピクトグラム前でカレンさんも記念撮影

こうしてポーズをとるとピクトグラムと重なるように撮影することができ、サイクリストにも人気になっている

バイシクルクラブの取材で、以前オリンピックコースを訪れているカレンさん、それは2019年11月号の取材で2年も前のこと。
「正直、オリンピック前に来たときは、想像でしかありませんでしたし、その後はホントに開催されるかどうかも心配でした。無事オリンピックが開催されロードレースのコースとなり、動画配信で世界のトップ選手たちが走っているのを見てから、あらためて日本でオリンピック、それもロードレースが開催されたことを実感しました。ただ、五輪時期は観戦自粛が呼びかけられていましたし、そのあとも緊急事態宣言が続き、人が集まるところヘは行けませんでした。オリンピック以降、この小倉橋のピクトグラムがSNSでもよく見かけるようになって、行きたいな〜って思っていたんです。で、ようやく今回ピクトグラムを撮影することができて、すごく満足です」

手前が旧小倉橋、奥が新小倉橋だ。旧小倉橋は趣のある橋だが、クルマは交互通行なので渡るときには注意しよう。奥に横断幕が見えているが、その手前にある階段が撮影スポット。バナーの掲出は2021年12月26日(日)までとなる

オリンピックのレガシーを体験するサイクリング

【道端カレン】自転車を楽しむアスリートで、8代目自転車名人やしまなみ自転車大使を務める。ネスタ(NESTA)パーソナル フィットネストレーナー、アスリートフードマイスターの資格を持ち、YouTubeチャンネルで動画も配信

このオリンピックのバナーが掲出されるのは2021年12月26日(日)までとなるので、ぜひ掲載期間中にサイクリングで出かけたい。今回、カレンさんはふだん撮影をお願いしているベテランサイクリストでフォトグラファーの管 洋介さんのガイドで宮ケ瀬周辺の絶景が楽しめるコースを走ってきた。

このほか櫛川中学のフェンスにも横断幕が掲載されている。

オリンピックコースから宮ケ瀬湖へ、広がる湖の絶景

おススメコースは小倉橋から櫛川橋で国道412号に合流、そしてオリンピックコースを少し進み、関からはオリンピックコースを離れて宮ケ瀬湖へ向かうもの。まさに5月に開催された自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の逆周回コースとなる。
ひさびさに走りに来たカレンさん、「ひさしぶりに来ると……東京近郊にこんないいところがあったんだなってあらためて思います」。

カレンさんのようにトレーニングを目的とする人から、サイクリングを楽しむ人まで幅広いライダーに人気の宮ケ瀬湖、休憩するなら鳥井原園地が定番だ。途中、宮ケ瀬湖からオギノパンへ下る途中に服部牧場などもあり、観光も楽しめる。

【管 洋介】アヴェントゥーラサイクリングの監督兼選手。子どもから大人までスクールで生徒にライテクを教えることも多い。このコーナーでも以前カレンさんに下りの手ほどきをしたこともあり、今回はガイドライダーとして登場

道端カレンさんのYOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCHjC7IEYPrKzJwOAhq1V_Zg

ピクトグラムの詳細は相模原市のWEBサイトをチェックしよう。
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/olypara/1019946/1023985.html

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load