BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

憧れの手組みホイールに挑戦! 振れ取りの基本もマスターしてレベルアップ

PAGE
3 / 3

イタリアン組みに挑戦

それでは、ホイールを組んでいく。はじめにハブにスポークをすべて通してから編む方法と、1本ずつ通していく方法がある。今回はよりわかりやすい1本ずつの方法を紹介。現物のお手本を見ながら作業すると間違いが少ない。

落ち着いてスポークを編んでいこう

1本のスポークと交差するのが6本めなのが6本組。3交差するので3クロスともいう。左進行方向でこのクロスの方向がイタリアンだ
ロゴをバルブに合わせる最初の位置はコレ。ギヤ側が下として、バルブ穴から2つめにロゴ位置のスポークを入れる
ひとつ離した穴に同じようにフランジの外側から内側にスポークを入れて、リムのスポーク穴を3つまたいで止める
1周したら、反対側のフランジの右に半分ずれた穴の外側からスポークを通す。さきほど通した右隣のリムスポーク穴に入れニップルで止める
入れていくスポークは、フランジの内側から外側に出て、交差するスポークの内側に入ってニップルで止まる。あやとりを間違えないように
左右の16穴ぶんを通したらハブをつかんで半時計回りにねじる。これに交差するスポークを入れていく
交差させるスポークから6穴めの穴にフランジの内側からスポークを入れ、交差させて一つ離した穴で固定
ようやくスポークを編むところまで完成。ここから振れ取りをするさらに難しいステージへ。完成まではなかなか大変だ

センター出し&振れ取り

ホイールの振れをとる。同時にリムはホイールの中心に来るようにセンター出しをしなくてはならない。さらに精度を求めるならスポークテンションゲージも使うが、まずは振れのないホイールを作れるところまでを目指そう。

スポークはまだゆるゆるなので、ニップルの上からマイナスドライバーで締める。均一に締めていくのがポイント
センターゲージを使ってセンターをチェック
片側のハブとリムに接触するようにゲージを当てて位置を固定。反対側に当てゲージを見るとハブ軸から離れていてセンターが出てない
センターが出るように、ハブの位置をずらすように片側を均一に締める(もしくは緩める)。振れ取りをしながらセンターを何度かチェックする。素人なら0.5mmくらいに収まればオーケーだ
完成したら、スポークをぎゅっと握ってなじみだしをする。再び振れが出てないかチェックして、必要があれば修正
これを繰り返してついに完成!

※この記事はBiCYCLE CLUB 2020年7月号 No.423からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

Bicycle Club / 編集部員

ニシヤマ

自転車暦35年。中学時代からの、生粋のヲタクランドナー乗り。近年は、バイシクルクラブのツーリングやeバイク関連の連載やムック製作を担当。国内発売のeバイクの多くに試乗。貧脚&ラクが好きなのでeバイクと親和性高い。FUNQ「eBIKELIFE」管理人

ニシヤマの記事一覧

自転車暦35年。中学時代からの、生粋のヲタクランドナー乗り。近年は、バイシクルクラブのツーリングやeバイク関連の連載やムック製作を担当。国内発売のeバイクの多くに試乗。貧脚&ラクが好きなのでeバイクと親和性高い。FUNQ「eBIKELIFE」管理人

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load