BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

YONEX/CARBONEX DISC【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2022】

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022」にノミネートされたYONEX/CARBONEX DISC。
その概要と、選考委員、田村明寛と浅野真則による試乗レビューをお届けする。

純日本製のヨネックスカーボン。独自の理論やテクノロジーが満載

ヨネックスの最上級ロードバイク、カーボネックスHRディスクはすべての作業工程が日本の新潟工場で行われている純日本製。
「独創の技術と最高の製品で世界に貢献する」というヨネックスの理念をロードバイクという形で具現化した逸品。国内プロチームのキナンレーシングチームへの供給モデルでもある。
高出力に瞬時に反応する加速力と最後まで脚が残せる快適性を両立するため、同モデルには独自のテクノロジーが満載。チェーンステー部のフレーム厚を薄く適度にしならせて高いホールド性とコントロール性を両立させつつ、横剛性を保持し振動に対して適度にしなり路面追従性を向上させる「オーバルプレスドシャフト理論」。
金属材料では不可能と考えられてきた低弾性率化、高強度化を両立させた新チタン合金「ゴムメタル」。フレームの剛性や強度を低下させることなく軽量化を実現する「エックス・フラーレン分子」など、ほかでは真似できない技術が目白押し。

ヨネックス・カーボネックスHRディスク

価格:121万円(シマノ・デュラエースDi2完成車)

DATA

●フレーム:カーボン、ゴムメタル ●フォーク:カーボン ●コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2(R9100) ●ホイール:マヴィック・コスミックSLR45ディスク ●タイヤ:IRC・タイヤ700×25C ●サイズ:XXS、XS、S、M ●試乗車実測重量(ペダルレス):6.71㎏
問:ヨネックス
www.yonex.co.jp

もっと評価されるべきバイク。日本が世界に誇れる一台として
田村明寛

自転車好きといえども、ヨネックスと聞いてロードバイクをはじめに連想する人は少ないだろう。実際、ヨネックスがロードバイクを発表してからまだ10年も経っておらず、その歴史は浅い。「自転車専門のブランドに比べると……」と、恥ずかしながら“食わず嫌い”をしていたのだが、その印象は完全にくつがえった。乗ってみると、クセがない。一言で言うならば優等生なのだ。スタンダードな形状からも想像がつくように、何か飛び抜けている点があるわけではない。ただ、バランス感に非常に優れているのだ。日本人として誇らしさを感じる、そんな一台だ。

見た目以上に新しさを感じる。日本人として応援したくなる一台
浅野真則

どこか懐かしささえ感じさせる“ロードレーサー” らしいコンサバティブなフレームデザインではあるが、乗ってみるとまったく古くささは感じない。既存のリムブレーキモデルを単にディスクブレーキ化しただけはなくて、新しく設計し直しているからだろう。走行性能に関しては申し分なく、フレームのしなやかさが伸びやかな加速につながっているし、750gというフレーム重量の軽さが登坂性能に直結している。海外ブランドが幅をきかせる自転車界で、メイドインジャパンのバイクという点も日本人として応援したくなるが……ただ価格が高いのが難点。

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022 TOPページはこちら

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load