BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

六本木エクスプレスも驚き! プロチーム「イネオス」ベースデザインのオーダーウエア|BIORACER

「BIORACER(ビオレーサー)」から新しいオーダーウエアサービスが登場する。これはプロツアーチーム「Team INEOS Grenadiers(チーム・イネオス・グレナディアーズ)」のベースデザインを一般のチームウエアに利用できるというもの。

イネオス・グレナディアーズのウエアデザインといえば、ツール・ド・おきなわ優勝などで知られる高岡亮寛さん率いる国内の強豪ホビーチーム「Roppongi Express(六本木エクスプレス)」のウエアデザインに似ていることが一部で話題となっていた。奇しくもRoppongi ExpressではBIORACER製ウエアを採用しており、その関係は定かではないが、この青赤ウエアが国内外で話題となることは間違いないだろう。

Bioracerオーダーサイクルジャージを着る高岡亮寛さん(Roppongi Express)。バイシクルクラブ3月号では休みからの復活のノウハウを紹介している。

プロツアーチームのデザインをベースにオーダージャージ

BIORACERと今シーズンからBIORACER製サイクリングキットを採用するプロツアーチーム「Team INEOS Grenadiers」が協議した結果、「Team INEOS Grenadiers」のベースデザインを一般のお客様チームのサイクルジャージに提供することができるようになった。

ベースデザインは、チームキットの特徴をそのまま再現、フィリッポ・ガンナ選手やトム・ピドコック選手着用のチームキットと同じベースデザインのチームジャージにユーザーの好みでチーム名やロゴを追加してオリジナルなチームジャージを作成することができる。

この「Team INEOS Grenadiers」のベースデザインを使えるのは世界中でBIORACERだけの特典だけとなっており、最強のプロツアーチーム「Team INEOS Grenadiers」ベースデザインのチームジャージを着てプロツアーチームの気分を楽しもう!

ジャージの背中にあるチームの象徴的なラインにテクスチャー効果を加え、フラッグブルーとブリゲードレッドを大胆に配したもので、チームの歴史の中で最も印象的なものとなっています。腕と背中のセンター部分には、”How Fast Feels”の理念をさりげなく表現したGrenadierロゴの^型を用いた新鮮なグラデーションが施されています。なお、サイクルジャージ両肩部分の「O」パターンはベースデザインには反映されません。

作成可能アイテム

半袖ジャージ、長袖ジャージ、襟付きベスト、襟なしベスト

商品の詳細はこちらをチェックしよう。
https://store.cyclingwear.jp/blogs/news/bioracer-dyneema_02

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load