BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

3月11日はサイクルトレイン「B.B.BASE」で出かけるステーションライド|Station Ride in 南房総

3月11日に千葉県房総で開催されるライドイベント、ステーションライドin南房総。そのイベント内で一部参加者が利用できる電車、それがB.B.BASE(ビービーベース)! サイクリスト専用列車と呼ばれるこの車両の特徴とは?

▼「ステーションライド in 南房総」の情報はこちらから

5周年を迎えたB.B.BASEは「愛車と一緒に旅をする」専用車両

日本を代表するサイクルトレインのひとつ、それがB.B.BASEだ

B.B.BASEは「愛車と一緒に旅をする」をテーマにした、いわゆるサイクルトレインのひとつ。2018年に誕生してから今年で5周年を迎える。スポーツバイクを輪行袋に入れることなく、そのまま車内に持ち込めるように設計された専用車両。そのラクチンさはもちろん、快適なシートや特別な内装、一般乗車客がいない貸し切り状態という特別感がたまらない!

JR両国駅の専用ホームから自転車をそのまま車両に入れられる 

B.B.BASE専用サイクルスタンドでしっかり固定!

専用サイクルスタンドに愛車を固定。ガッチリ固定で揺れずに安心!

とくに驚きなのは専用のサイクルスタンド。20秒とかからずにバイクを設置・固定できて、その安定性は抜群! 目的地まで安心して移動できる。

ほとんどのスポーツバイクにフィット! だれでも簡単に固定できる

シートも専用。行きも帰りもリラックスできる空間を演出!

車両内は持ち込み飲食も可(酒類はNG)。行きも帰りも仲間同士で楽しくおしゃべりできる

B.B.BASEは外観やスタンドだけでなく、シートも特別製。ボックスシートに座って仲間と楽しく時間を過ごすことができ、一人でもゆったりと車窓を眺められる快適な空間を生み出している。

シートは特別仕様で座り心地もいい。リラックスしてひと眠りするのもOKだ

B.B.BASEにはイベントスペースもあり中島康晴さんトークショーも開催予定

今回のステーションライドでは行きの電車内でゲストライダー中島康晴さん、バイシクルクラブ編集長山口が登壇するトークショーなども開催されている。イベント説明だけでなく、千葉やB.B.BASE、ゲスト自身にまつわる話など興味深い話が聞けた。2023年のイベントにも期待したいところだ。

イベント用スペースに参加者が集まる。こんな電車体験はなかなかできないだろう

レアな電車体験をあなたに! B.B.BASE利用はオプションにて

館山駅でB.B.BASEから降りる。ホームから自転車をそのまま外へ出してライドスタート!

このステーションライドではJR両国駅からJR館山駅までを往復で運行(途中の東千葉駅、本千葉駅からの乗車も可能)。帰りの電車の出発時間はライド後に十分余裕がもたせているので安心だ。このレアな電車体験はぜひ自分の身で味わうべき!

B.B.BBASE乗車の申し込みはオプション(有料)として準備されており、イベント申し込みを済ませたあとの選択で「B.B.BASE利用を希望する」を選ぼう。

でっかい自転車のグラフィックが映える! ぜひ実物に乗りにステーションライドへ

▼「ステーションライド in 南房総 23スプリング」の情報はこちらから

ステーションライドのWEBサイトはこちら
http://www.stationride.com/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load